決定的証拠、安保理で賛同集めず 83年の大韓機撃墜事件

2017/1/12 10:31

 大韓機撃墜事件について、国連安保理でソ連軍機の交信テープのビデオ画面を見る米英国連大使(右と中央)。ソ連の大使(左端)は画面に目もくれない=1983年9月(UPI=共同)

 1983年9月のソ連軍戦闘機による大韓航空機撃墜を受けた国連安全保障理事会で、自衛隊が傍受したソ連軍パイロットの交信記録の音声という「決定的証拠」の公開に日米両国が踏み切ったにもかかわらず、ソ連非難決議案に十分な賛同が得られなかった経緯が、12日公開の外交文書で明らかになった。

(ここまで 140文字/記事全文 273文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(12:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
5 ℃/--
東京
晴れ
9 ℃/--
大阪
曇り
5 ℃/--
  • 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集