漢検元理事長ら24億円賠償命令 不正取引、京都地裁

2017/1/12 16:31

 日本漢字能力検定協会(京都市)が、大久保昇元理事長(81)父子=背任罪で有罪確定=らに対し、取引で生じた損害計25億円余りの賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は12日、約24億6700万円の支払いを命じた。

(ここまで 104文字/記事全文 281文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
10 ℃/0 ℃
東京
晴れ時々曇り
10 ℃/1 ℃
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/2 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集