テニスの加茂公成氏が死去 全米男子複覇者

2017/1/12 21:05

 1955年のデ杯オーストラリア戦が行われた米ニューヨーク州で記念写真に納まる加茂公成氏(右)

 テニスの1955年全米ダブルス選手権男子(現在の全米オープン男子ダブルス)で宮城淳氏とペアを組み、戦後の日本男子唯一の四大大会制覇を成し遂げた日本テニス協会顧問の加茂公成(かも・こうせい)氏が6日午後9時20分、心筋梗塞のため死去した。日本テニス協会が12日、発表した。84歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。

(ここまで 161文字/記事全文 261文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
10 ℃/0 ℃
東京
晴れ時々曇り
10 ℃/1 ℃
大阪
晴れ後曇り
11 ℃/2 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集