古新聞から効率良く水素抽出 名古屋大が新手法

2017/9/14 9:00

 「究極のクリーンエネルギー」として期待される水素を古新聞から効率良く取り出す手法を、名古屋大大学院環境学研究科の日比野高士教授(54)らのチームが開発した。新聞の朝刊1部から抽出した水素で理論上は、トヨタ自動車の燃料電池車「MIRAI(ミライ)」が約3キロ走れる。日比野教授は「水素を使った持続可能な社会の実現に一歩近づけたのでは」と話す。

(ここまで 171文字/記事全文 889文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
29 ℃/--
東京
晴れ
29 ℃/--
大阪
晴れ
28 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集