作家の石牟礼道子さんが死去 水俣病の苦しみ記す

2018/2/10 12:50

 厚生省前での抗議行動に参加した石牟礼道子さん=1970年5月

 四大公害病の一つ、水俣病に苦しむ患者の世界を描いた「苦海浄土」などの著書で知られる、作家の石牟礼道子(いしむれ・みちこ)さんが10日午前3時14分、パーキンソン病による急性増悪のため熊本市東区の介護施設で死去した。90歳。熊本県出身。葬儀・告別式は近親者のみで行う。喪主は長男道生(みちお)氏。

(ここまで 148文字/記事全文 278文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
7 ℃/-1 ℃
東京
晴れ時々曇り
9 ℃/-1 ℃
大阪
曇りのち晴れ
8 ℃/1 ℃
  • 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集