米の国防予算案、軍再建が鮮明に ミサイル防衛大幅強化

2018/2/13 7:42

 バージニア州にある米国防総省の本庁舎(AP=共同)

 【ワシントン共同】米国防総省は12日、2019会計年度(18年10月〜19年9月)予算案を発表した。戦費を含む総額は6861億ドル(約74兆5300億円)で、17年度の支出額と比べて13%増。中国、ロシアとの「大国間の競争」を最優先課題と位置付け、要員約2万6千人の拡充を打ち出すなど米軍再建を急ぐ姿勢を鮮明にした。

(ここまで 159文字/記事全文 272文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
7 ℃/-1 ℃
東京
晴れ時々曇り
9 ℃/-1 ℃
大阪
曇りのち晴れ
8 ℃/1 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集