米、原因解明まで迎撃実験停止 ミサイル発射後に異常

2018/2/13 9:58

 【ワシントン共同】米国防総省ミサイル防衛局当局者は12日、日米が共同開発した改良型迎撃ミサイル「SM3ブロック2A」を使った1月の迎撃実験の失敗について「迎撃ミサイル発射後に異常が起きた」と述べ、原因が解明されるまで新たな迎撃実験は行わない考えを表明した。

(ここまで 129文字/記事全文 281文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
7 ℃/-1 ℃
東京
晴れ時々曇り
9 ℃/-1 ℃
大阪
曇りのち晴れ
8 ℃/1 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集