不妊手術、診断書再提出求める 大分で「実際に診察したか疑問」

2018/4/17 17:35

 1960年実施の大分県優生保護審査会で、医師が提出した健康診断書(左)と、医師に診断書の再提出を求めた通知書のコピー

 旧優生保護法下での障害者らへの不妊手術問題で、大分県優生保護審査会が1960年、強制手術の申請があった女性5人の健康診断書の記述が類似しており「実際に診察した結果か疑問」として、精神科医側に再提出を求めていたことが17日分かった。政府は旧法下での手術は「厳格な手続きを経ていた」とするが、この医師による診断書の文面は、ほぼ定型化しており、関係者の対応が形骸化していた状況の一端がうかがえる。

(ここまで 196文字/記事全文 243文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
28 ℃/13 ℃
東京
晴れ
27 ℃/14 ℃
大阪
晴れ
27 ℃/14 ℃
  • 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集