仏の屋根裏で発見、清朝の花瓶 競売で20億円超

2018/6/14 11:08

 約21億円で落札された花瓶(サザビーズ提供・共同)

 【パリ共同】中国清王朝の乾隆帝(1711〜99年)が所有したとみられる磁器の花瓶が14日までに、パリで競売に掛けられ、予想価格の20倍以上となる1620万ユーロ(約21億円)=手数料含む=で落札された。フランス在住の人物が屋根裏にあった靴箱に入っていた花瓶を見つけ、これほどの高値とは予測せず競売に掛けたという。ロイター通信が伝えた。

(ここまで 168文字/記事全文 271文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
30 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
26 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
28 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集