破綻から学ぶ「夕張学会」 実情知り新たな豊かさ模索

2018/6/14 18:34

 「夕張学会」のメンバーら。前列左から2人目が里見喜久夫さん=2月、北海道夕張市の旧緑陽中学校(里見さん提供)

 財政破綻した北海道夕張市を研究し、新たな豊かさやコミュニティーをつくり出そう―。東京のデザイン会社社長で、働く障害者をテーマにした季刊誌「コトノネ」の編集長も務める里見喜久夫さん(69)らが「夕張学会」を立ち上げた。8月に「夕張破綻学」の第1回研究会を夕張市で開く。

(ここまで 134文字/記事全文 519文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
30 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
26 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
28 ℃/--
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集