モンゴルで日朝当局者が接触 拉致問題巡る政府の立場伝える

2018/6/14 23:54

 記念撮影で隣に座った外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官(左)と北朝鮮のキム・ヨングク軍縮平和研究所所長=14日、ウランバートル(共同)

 【ウランバートル共同】外務省の志水史雄アジア大洋州局参事官は14日、モンゴルの首都ウランバートルで開催された国際会議の場で、北朝鮮外務省のシンクタンク、軍縮平和研究所のキム・ヨングク所長と短時間接触し、拉致問題の解決に向けた日本政府の基本的な立場を伝えた。日本外務省が同日夜、発表した。

(ここまで 144文字/記事全文 273文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち雨
24 ℃/21 ℃
東京
曇りのち一時雨
24 ℃/20 ℃
大阪
曇り時々雨
25 ℃/22 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集