iPS角膜再生、近く申請へ 大阪大、臨床研究実施を学内審査

2018/8/11 11:41

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作製し、けがや病気で角膜を損傷した患者に移植し再生する研究を進めている大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームが22日にも、臨床研究の実施を学内の審査委員会に申請することが11日、分かった。iPS細胞を巡っては、網膜で世界初の臨床研究が実施され、心臓病やパーキンソン病でも研究が進展中。新たに角膜でも実用化に向けた動きが本格始動することになる。

(ここまで 197文字/記事全文 257文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
31 ℃/--
東京
曇り時々雨
27 ℃/--
大阪
曇り時々晴れ
33 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集