大腸がん患者の肺がん見落とす 愛知県がんセンター

2018/10/11 23:43

 愛知県がんセンター愛知病院(岡崎市)は11日、大腸がんの治療を受けていた患者の男性主治医(62)が、コンピューター断層撮影(CT)の画像診断報告書で指摘された肺がんを見落とし、治療が遅れるミスがあったと発表した。病院は9月、男性患者にミスを説明し謝罪した。

(ここまで 129文字/記事全文 505文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
24 ℃/--
東京
晴れ後曇り
22 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
24 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集