ハワイ・真珠湾 安倍首相演説全文 

2016/12/28

 安倍晋三首相が27日にハワイ・真珠湾で行った演説の全文は次の通り。

 オバマ大統領、ハリス米太平洋軍司令官、ご列席の皆さま、そしてすべてのアメリカ国民の皆さま。パールハーバー、真珠湾に、いま私は日本国総理大臣として立っています。

 耳を澄ますと、寄せては返す波の音が聞こえてきます。降り注ぐ陽(ひ)の、やわらかな光に照らされた、青い、静かな入り江。私のうしろ、海の上の、白いアリゾナ記念館。あの慰霊の場を、オバマ大統領とともに訪れました。

 そこは、私に沈黙をうながす場所でした。亡くなった軍人たちの名がしるされています。祖国を守る崇高な任務のため、カリフォルニア、ミシガン、ニューヨーク、テキサス、さまざまな地から来て乗り組んでいた兵士たちが、あの日、爆撃が戦艦アリゾナを二つに切り裂いたとき、紅蓮(ぐれん)の炎の中で死んでいった。

 七十五年が経(た)ったいまも、海底に横たわるアリゾナには数知れぬ兵士たちが眠っています。耳を澄まして心を研ぎ澄ますと、風と波の音とともに、兵士たちの声が聞こえてきます。

 あの日、日曜の朝の、明るく寛(くつろ)いだ、弾む会話の声。自分の未来を、そして夢を語り合う、若い兵士たちの声。最後の瞬間、愛する人の名を叫ぶ声。生まれてくる子の、幸せを祈る声。

 一人、ひとりの兵士に、その身を案じる母がいて、父がいた。愛する妻や、恋人がいた。成長を楽しみにしている子どもたちがいたでしょう。それらすべての思いが断たれてしまった。その厳粛な事実を思うとき、噛(か)みしめるとき、私は言葉を失います。

 その御霊よ、安らかなれ―。思いを込め、私は日本国民を代表して、兵士たちが眠る海に花を投じました。

 オバマ大統領、アメリカ国民の皆さん、世界のさまざまな国の皆さま。

 私は日本国総理大臣として、この地で命を落とした人々の御霊に、ここから始まった戦いが奪った、すべての勇者たちの命に、戦争の犠牲となった、数知れぬ無辜(むこ)の民の魂に、永劫(えいごう)の、哀悼の誠を捧(ささ)げます。

 戦争の惨禍は、二度と繰り返してはならない。私たちはそう誓いました。そして戦後、自由で民主的な国を創り上げ、法の支配を重んじ、ひたすら不戦の誓いを貫いてまいりました。

 戦後七十年間に及ぶ平和国家としての歩みに、私たち日本人は、静かな誇りを感じながら、この不動の方針を、これからも貫いてまいります。

(ここまで 995文字/記事全文 2598文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

MYページに保存すると、そこからすぐに
この記事を表示できます。
次の記事
PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
9 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
10 ℃/--
大阪
晴れ
9 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集