16年訪日客最高2403万人 22%増、堅調な伸び 

2017/1/10 夕刊

 石井啓一国土交通相は十日の記者会見で、二〇一六年に日本を訪れた外国人旅行者は、前年比22%増の推計二千四百三万九千人だったと明らかにした。前年を上回ったのは五年連続で、初めて年間二千万人を突破し、過去最高を更新した。ただ一六年は円高が進んだことや中国の景気減速、熊本地震といったマイナス要因があり、47%増だった一五年に比べて伸び率は鈍化した。

 石井氏は「伸び率は下がっているが、引き続き堅調な伸びを示している。さまざまな施策を実行し、この勢いを維持したい」と強調した。ホテルや旅館不足に対応するため、二十日召集予定の通常国会に、一般住宅を宿泊施設として活用する「民泊」に関する新法案を提出する。菅義偉官房長官も記者会見で「ビザ(査証)の発給要件緩和や、免税制度拡充がこの大台につながった」と述べた。

 政府は東京五輪・パラリンピックが開かれる二〇年に年間四千万人とする目標を掲げている。空港や港湾の機能強化、全国各地の文化財や国立公園の活用など、受け入れ環境の充実を進める。

 一六年の訪日客増は、航空便の新規就航や増便、クルーズ船の寄港増などが寄与。中国や韓国が堅調に伸びたほか、東南アジアからの旅行者も増えた。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
6 ℃/--
東京
晴れ
9 ℃/--
大阪
曇り時々雪
5 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集