住宅損壊で認知症進行 宮城で大震災前後を比較 

2017/1/11 朝刊

震災直後の宮城県岩沼市内。津波による住宅被害も大きかった=2011年4月1日撮影、「東日本大震災アーカイブ宮城」から(同市提供)

 東日本大震災から間もなく六年。地震と津波による住宅の被害が大きかった高齢者ほど、その後、認知症が進んだことが、千葉大や米ハーバード大など日米共同研究チームの調査で分かった。避難生活を送る高齢者の間で認知症が表れたり悪化したりしやすいことは以前から指摘されていたが、住宅被害との関係を裏付けたのは初めて。

(ここまで 152文字/記事全文 1198文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
7 ℃/--
東京
晴れ
9 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
7 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集