自公堅調、希望伸び悩み 衆院選序盤情勢 

2017/10/12 朝刊

 共同通信社は第四十八回衆院選について十、十一の両日、全国の有権者約十一万八千九百人を対象に電話世論調査を実施し、公示直後の序盤情勢を探った。自民党は小選挙区、比例代表で優位に立ち、公明党と合わせた与党で三百議席超をうかがう。希望の党は六十議席前後で伸び悩んでいる。立憲民主党は公示前から倍増の三十議席台も視野。共産党は議席減、日本維新の会は微増にとどまりそうだ。投票先未定は小選挙区で54・4%に上り、二十二日の投開票に向けて情勢が変わる可能性がある。

 公明党は最大でも公示前の三十五議席となり、割り込む公算が大きい。社民党は二議席確保の見通し。日本のこころは議席獲得が見込めていない。

 自民党は二百八十九の小選挙区のうち、二百二十程度で優勢だ。十一ブロックの比例代表(定数一七六)でも他党を引き離し、公示前の六十八議席と並ぶ水準。自民党単独で衆院過半数(二百三十三議席)を大きく上回る可能性がある。

 九月結成の希望の党は、合流した民進党出身前職の多くが小選挙区で苦戦している。比例は公示前の三十五議席から積み増しても最大十議席以内。小選挙区との合計で、百議席台に乗せるのは難しい情勢だ。

 公明党は小選挙区に立てた九人のうち七人が安定。比例は公示前の二十六議席確保が難しい。共産党は小選挙区の議席獲得が微妙だ。比例の落ち込みが目立つ。

 立憲民主党は、比例が公示前九議席から二十議席程度まで伸びる勢い。小選挙区を含めた合計で自民、希望に続く第三党となり得る。日本維新の会は、地盤の大阪で自民党と競る小選挙区が多い。比例でわずかに上積みを見込む。

 社民党は小選挙区一議席に加え、比例一議席を狙える。日本のこころは東北、東京両ブロックに一人ずつ候補を立てた。

 投票先未定との回答は比例代表でも47・2%あった。衆院選に「大いに関心がある」「関心がある」と答えた人は計74・2%。前回二〇一四年衆院選の序盤調査での計67・1%を上回った。衆院議員定数は小選挙区「〇増六減」、比例代表「〇増四減」に伴い四六五となった。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨
15 ℃/13 ℃
東京
雨
12 ℃/10 ℃
大阪
雨のち曇り
15 ℃/13 ℃
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集