「戦地」「死者」耐えられるか 自衛隊「憲法に明記」隊員・家族は 

2017/10/13 朝刊

 戦争放棄や戦力不保持をうたう憲法九条の改憲が大きな争点の衆院選。自民が自衛隊を明記する公約を掲げる一方、共産や立憲民主などは反対の立場だ。安倍政権下で自衛隊の活動範囲が一気に広がり、さらに改憲発議ができる三分の二を改憲勢力が超えるかどうか注目される中、当の自衛官や家族らは複雑な思いを抱く。

(ここまで 146文字/記事全文 1169文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報

アクセスランキング 11:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後一時雨
22 ℃/--
東京
晴れ後曇り
19 ℃/--
大阪
晴れ後雨
21 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集