FIFA前事務局長 汚職疑惑の調査開始 

2017/10/13 夕刊

 【ベルリン=共同】スイス検察当局は12日、W杯放送権を巡る汚職疑惑で、国際サッカー連盟(FIFA)の事務局長を昨年1月に解任されたバルク氏と、フランス1部リーグ、パリ・サンジェルマン会長のケライフィ氏(カタール)に対する調査を正式に開始したと発表した。AP通信が報じた。

(ここまで 136文字/記事全文 310文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報

アクセスランキング 11:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後一時雨
22 ℃/--
東京
晴れ後曇り
19 ℃/--
大阪
晴れ後雨
21 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句 作品募集中
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集