台風、東海に大雨 

2017/10/23 朝刊

 超大型で非常に強い台風21号は二十二日、日本の南の海上を北寄りに進み、全国的に大雨となった。中部地方には二十三日明け方に最も接近するとみられ、上陸する可能性もある。気象庁は暴風や高波、土砂災害への警戒を呼びかけている。

 二十一日午前零時から二十三日午前零時までの総雨量は、三重県尾鷲市で七九四・五ミリ、岐阜県関ケ原町で三一三・五ミリ、愛知県西尾市一色町で二五〇・五ミリ。

 発達した雨雲の影響で広い範囲で激しい雨が降る見込みで、二十二日午後六時から二十四時間の予想雨量は、いずれも多いところで愛知三〇〇ミリ、岐阜二〇〇ミリ、三重四〇〇ミリ。一時間当たりでは、愛知九〇ミリ、岐阜八〇ミリ、三重一〇〇ミリと予想されている。風は二十三日夕方にかけ強く吹く見通しで、愛知、三重両県の海上の最大風速は四〇メートル(最大瞬間風速五五メートル)となる見込み。海は大しけとなり、波の高さは愛知、三重両県の外海で一二メートル、内海で六〜七メートルの見通し。

PR情報

アクセスランキング 2:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(23:00発表)
名古屋
晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ
11 ℃/5 ℃
大阪
晴れ時々曇り
11 ℃/6 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
平和の俳句
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集