コラム・小説・漫画

文大統領と北代表団会談 正恩氏妹、親書伝達か 

2018/2/10 夕刊

韓国の文在寅大統領(手前右端)との会談に臨む北朝鮮の金永南・最高人民会議常任委員長(奥右)、金与正・党第1副部長(中央)ら=10日、韓国大統領府で(聯合・共同)

 【ソウル=上野実輝彦】韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は十日、平昌(ピョンチャン)冬季五輪の開会式出席のため訪韓している北朝鮮の金永南(キムヨンナム)最高人民会議常任委員長を団長とする高官代表団と、ソウルの大統領府で会談した。代表団には金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の妹、金与正(キムヨジョン)氏(党第一副部長)も含まれ、南北首脳会談に近い様相となった。

 代表団は午前十一時ごろ、韓国大統領府に到着。与正氏は青い表紙の書類のようなものを携えて部屋に入り、代表団の第二席として金永南氏の隣に座った。

 文氏は会談の冒頭、代表団と笑顔で握手し「昨日は寒い中、夜遅くまでお疲れさまでした」と声をかけた。与正氏は「大統領に気遣いいただいたおかげで、大丈夫でした」と応じた。

 北朝鮮最高指導者の直系親族の訪韓は初めてで、与正氏がさらなる南北関係改善を求める正恩氏の親書を渡したり、口頭でメッセージを伝える可能性もある。韓国では、正恩氏が代表団を通じ、北朝鮮建国七十周年の九月九日などに合わせて文氏の訪朝を招請するとの観測も流れる。

 会談が、韓国の取り込みを図る北朝鮮側のペースで進めば、日米と韓国との連携に亀裂が生じる恐れも懸念される。

 与正氏や金永南氏は五輪開会式の会場や歓迎レセプションで文氏と握手を交わすなど、南北融和ムードを演出した。

 北朝鮮の朝鮮中央通信は十日、代表団が政府専用機「チャンメ(オオタカ)2号」でソウル郊外の仁川(インチョン)空港に到着、韓国の趙明均(チョミョンギュン)統一相の出迎えを受けたと報道。金永南氏がレセプションで、文氏と和やかなあいさつを交わしたと紹介した。五輪開会式で「南北の選手が統一旗を掲げて合同入場し、歓声と拍手が湧いた」と伝えた。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(21:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
7 ℃/-1 ℃
東京
晴れ時々曇り
9 ℃/-1 ℃
大阪
曇りのち晴れ
8 ℃/1 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集