コラム・小説・漫画

スノボ平野、連続銀 平昌五輪男子HP、片山7位 

2018/2/14 夕刊

スノーボード男子ハーフパイプで銀メダルを獲得し、日の丸を掲げて喜ぶ平野歩夢=14日午後、平昌で(潟沼義樹撮影)

 【平昌(ピョンチャン)=本社五輪取材団】平昌冬季五輪は六日目の十四日、スノーボードの男子ハーフパイプ(HP)決勝が行われ、十九歳の平野歩夢(あゆむ)(木下グループ)が銀メダルを獲得した。前回ソチ大会に続く銀メダル。二回目で一時トップに立ったが、米国のショーン・ホワイトに逆転された。片山来夢(らいぶ)(バートン)は七位、戸塚優斗(ヨネックス)は二回目に負傷し、三回目を棄権して十一位だった。

 フィギュアスケートのペア・ショートプログラム(SP)では、須崎海羽、木原龍一組(木下グループ)が演技した。

 同日夕には、アイスホッケー女子一次リーグで、日本は韓国と北朝鮮の合同チーム「コリア」と対戦する。夜には、スピードスケート女子1000メートルに小平奈緒(相沢病院)、1500メートル銀メダルの高木美帆(日体大助手)が出場。ノルディックスキー複合の個人ノーマルヒルでは、ソチ大会銀メダルの渡部暁斗(北野建設)が頂点を目指す。

◆19歳、大けが克服

 十四日のスノーボード・ハーフパイプ(HP)男子決勝で、平野歩夢が前回ソチ大会に続く銀メダルを手にした。一年前、米国であった国際大会で転倒し、左膝の靱帯(じんたい)と肝臓損傷のけがを負ったが、鮮やかに復活。金メダル候補として挑んだが今大会も頂点に届かなった。それでも「できることは精いっぱいやった」。

 予選の二回目で4回転の連続技を決め、95・25点で暫定首位に。だが「安心はできなかった」という不安が現実になる。三回目で転倒した平野に対し、最大のライバル、ショーン・ホワイトに最後、圧巻の滑りで逆転された。平野はそれでも「二回目の滑りはうまくできた」。表彰台で手を挙げ、観客の声援に応えた。

 苦しい一年だった。昨年三月、世界のトップ選手が集う大会の滑走中、平昌五輪を想定した4回転の大技に挑んだが、半筒状のパイプコースの縁に板が引っかかり、反動で転倒。左膝の靱帯を痛め、腹部も強打した。

 医師からは「打ちどころが一センチずれていたら命が危なかった」と言われた。

 治療やリハビリに専念。競技への恐怖心も芽生えたが、それよりスノーボードができないつらさが上回った。復帰までの約三カ月、「退屈というか。何をしていいか分からなくて」。雪上を離れた時間が「本当に長かった」と振り返る。

 復帰後、冬のニュージーランドで雪上の感触を確かめペースを上げる。五輪イヤーの開幕を告げた九月のワールドカップ(W杯)開幕戦で二位に輝き、完全復活を印象づけた。

 けがをした当時のことを、「あまり考えたくない部分」と話す。大事なのは前進すること。自身初の五輪で銀メダルを手にした前回ソチ大会は「あの時は悔しさもなかった」。だが今回は頂点を狙い、トップ選手が集う一月の国際大会では4回転の連続技を初めて披露した。

 「けがだったりいろんなことに考え込む時期だった」と振り返りながらも、「目標がまた自分の中ではっきりした」。次こそ。平野はどこまでも進化する。

 (平昌・上條憲也)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
15 ℃/4 ℃
東京
曇り一時雨か雪
8 ℃/2 ℃
大阪
曇りのち晴れ
14 ℃/5 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集