コラム・小説・漫画

財務省対応、与党からも批判 

2018/4/17 夕刊

 福田財務次官のセクハラ疑惑を巡り、財務省が報道各社の女性記者に調査への協力を要請したことに対し、閣僚や与党幹部から十七日、批判や疑問の声が相次いだ。与党内では福田氏の辞任論・更迭論も出ている。

 野田聖子総務相兼女性活躍担当相は記者会見で「違和感がある」と重ねて疑問視。協力要請が財務省の官房長名で出されたことに「次官の部下である官房長は被害者からみると相手側の人。セクハラ被害者は家族にも相談できないのが現実だ。加害者側の関係者には話しにくいのではないか」と指摘した。会見に先立ち、こうした考えを菅義偉(すがよしひで)官房長官と麻生太郎財務相に直接伝えたことも明らかにした。

 松山政司一億総活躍担当相は会見で「被害を受けたかもしれない女性側に過度の負担をかけることのないようにする配慮は大事だ」と語ったが、野田氏の指摘を受けた菅氏は会見で「任命権者の財務相の下で事実解明のための調査が行われている」と話すにとどめた。

 自民党の橋本聖子参院議員会長は党役員連絡会で「財務省の対応は国民の感覚とずれている。(国民が)不信感を通り越してあきれている状況は非常に良くない。財務省は襟を正してもらいたい」と批判した。

 自民党の二階俊博幹事長は会見で「財務省は大いに反省してもらいたい」と強調。福田氏の進退について「こっちが助言するより、本人や財務省が考えるべきことだ」と突き放した。

 公明党の山口那津男代表は「大事なことは次官を含め、説明責任をきちんと果たすことだ」と求めた。

 自民党の中堅議員は取材に「どう考えても福田氏は更迭だ。財務省の対応はおかしい」と非難した。

PR情報

ピックアップ

  • 中日ボイス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
26 ℃/--
東京
曇り
20 ℃/--
大阪
晴れ後曇り
25 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集