コラム・小説・漫画

パレスチナ側「虐殺」非難 ガザ死者61人、乳児も犠牲 

2018/5/16 朝刊

 【ガザ市(パレスチナ自治区)=奥田哲平】在イスラエル大使館をエルサレムに移転した米国に抗議し、パレスチナ自治区ガザで十四日に起きた大規模デモは、七十年前のイスラエル建国でパレスチナ人が難民化した「ナクバ(大惨事)」の日の十五日も続き、保健当局は同日、イスラエル軍の銃撃を受け、男性一人が死亡したと明らかにした。死亡したパレスチナ人のデモ参加者は計六十一人に上った。

 ガザ保健当局によると、銃撃などによるパレスチナの負傷者は二千七百人超。「虐殺だ」と糾弾するパレスチナ自治政府に対し、イスラエルのネタニヤフ首相は「行動を続ける」と主張した。

 英国とフランスはイスラエルに武器使用の自制を要求。トルコのエルドアン大統領は「イスラエルが行ったことは大量虐殺」と批判し、中東やアフリカなど五十六カ国加盟のイスラム協力機構の緊急会合開催を求めた。トルコと南アフリカは駐イスラエル大使召還を決めるなど国際社会の批判が相次いでいる。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ一時雨
29 ℃/17 ℃
東京
晴れ一時雨
28 ℃/16 ℃
大阪
晴れ
26 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集