コラム・小説・漫画

「反則選手よくやった」 日大アメフット前監督の取材音声 

2018/5/25 朝刊

 日大アメリカンフットボール部の内田正人前監督が、悪質な反則行為があった六日の関西学院大との定期戦後、報道陣の取材に応じた際の音声データを共同通信が二十四日、関係者から入手した。内田前監督は、問題となった宮川泰介選手の危険なタックルを「見ていなかった」としながらも「宮川はよくやった」と評価している。

 日大は昨年の甲子園ボウルで二十七年ぶりの学生日本一に輝いたが、内田前監督は取材の中で、高校時代の実績では関学大の選手たちの方が上と指摘。「だから(日大の選手たちには)相当プレッシャーかけている」とし、「そうじゃなかったら関学みたいなチームに勝てない」と述べた。

 「今の子、待ちの姿勢になっちゃうから、それをどこかで変えてあげないと」と持論を展開し、反則となった激しいプレーについては「僕のやり方だから。こんなこと言っちゃ悪いんだけど、宮川はよくやった」と語った。

 「それが反則であると言うんであれば僕の責任だし、(選手たちを)そういうふうに持って行ってるから」とし、「いいですよ、内田がやれって言ったって書いても」と述べた。

◆日大との対戦を監督会が拒否 今秋リーグ戦

 関東学生アメリカンフットボール連盟所属の一部リーグ監督会は二十四日、東京都内で緊急会合を開いて日本大の悪質な反則問題についての対応を協議し、日大を除く全十五チームが、日大の指導体制などに改善がなければ、今秋のリーグ戦での対戦を拒否する方針で一致した。

 日大は危険なタックルがあった六日の関西学院大との定期戦後、春季オープン戦六試合が相手の意向で中止となった。監督会は今後、対戦を認めるための条件などを協議する。大山茂議長は「日大の学生と試合をしたい思いはあるが、現状ではできないというのが総意」と語った。

PR情報

アクセスランキング 12:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
雨のち曇り
22 ℃/--
東京
雨
22 ℃/--
大阪
雨のち曇り
24 ℃/--
  • 東名, 名神で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集