コラム・小説・漫画

丸山千枚田、光の輪郭 ろうそくで虫おくり 

2018/6/10 朝刊

豊作を願い、ろうそくの明かりであぜ道が照らされた丸山千枚田=9日夜、三重県熊野市で(大橋脩人撮影)

 三重県熊野市紀和町の丸山千枚田で九日夜、害虫よけの民俗行事「虫おくり」があり、千三百四十枚の棚田と同じ数のろうそくの明かりが山あいに浮かんだ。

 住民や棚田のオーナーら計三百人がちょうちんを手に「虫おくり殿のお通りだーい」と声をそろえて行列。観光客七百人が見守る中、かねや太鼓を打ち鳴らしてあぜ道を練り歩いた。

 同県御浜(みはま)町の中学一年古川もみじさん(12)は初めて見る光景に「神々しくて幻想的な雰囲気だった」と話した。

 虫おくりは火と音で害虫を追い払う。一九五三(昭和二十八)年に途絶えたが、二〇〇四年に住民たちが復活させた。

PR情報

アクセスランキング 6:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
30 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
26 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
28 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集