コラム・小説・漫画

米朝、共同声明 「完全非核化」具体策、示されず 

2018/6/13 朝刊

共同声明の署名式で握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=12日、シンガポールで(ゲッティ・共同)

 【シンガポール=石川智規】トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は十二日、シンガポールで史上初の米朝首脳会談を開いた。会談終了後、両首脳は共同声明に署名した。声明で、トランプ氏は北朝鮮の安全を確約し、事実上の体制保証をした。正恩氏は、朝鮮半島の完全な非核化を約束した。

 米国が目標とする「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化(CVID)」は議論されず、検証方法など具体策は先送りされた。トランプ氏は共同声明の署名後に開いた記者会見で、日本人拉致問題について「もちろん提起した」と述べたが、具体的な内容には言及しなかった。正恩氏は記者会見を開かなかった。

 共同声明は、両首脳が「初の歴史的会談」を開き、新たな米朝関係の確立に向けて誠実な議論をしたと評価。米朝両国は朝鮮半島の持続的な平和体制の構築に取り組むとした。

 また、北朝鮮は四月二十七日に南北首脳が行った「板門店(パンムンジョム)宣言」を再確認。米朝は朝鮮戦争(一九五〇〜五三年)中の捕虜や行方不明兵士らの遺骨収容を進めることでも合意した。

 トランプ氏は署名式で「非核化のプロセスはきわめて早く始まる」と強調。正恩氏は「世界はおそらく重大な変化を見ることになるだろう」と応じた。

 トランプ氏は署名後の会見で、完全非核化には「技術的に長い時間がかかる」と指摘。「彼(正恩氏)は非核化に取り組む。私は直感している」と述べた。適切な時期に訪朝し、正恩氏を米ホワイトハウスに招待する意向も示した。

 また、「正恩氏がミサイル実験場を解体すると話した」と明かした。非核化に向けた具体的な作業はポンペオ国務長官らが「来週、北朝鮮と協議を始める」とした。

 北朝鮮への制裁は当面維持するが、北朝鮮の核兵器による脅威がなくなれば制裁を解除する意向を示した。

 米韓合同軍事演習は「挑発的だ」と述べて当面実施しないことを表明し、在韓米軍の縮小や撤退の可能性にも触れた。朝鮮戦争については「間もなく終了するという希望がある」と話し、休戦状態から終結宣言に向け調整を進める考えを示した。

 拉致問題に関しては、「安倍首相が非常に重要と考えている問題だ」と指摘。「共同声明には盛り込まれていないが、これから協議を行っていく」と話した。

 ◆CVID=Complete, Verifiable, and Irreversible Denuclearization

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇りのち雨
26 ℃/--
東京
曇り
27 ℃/--
大阪
曇り時々雨
25 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集