向陽高の2人、国際会議に参加 ユリの受精研究 

2018/6/13 紙面から

伊藤教諭(後方)の指導でユリの研究をする酒向さん(右)と曽根さん=名古屋市昭和区の向陽高で

伊藤教諭(後方)の指導でユリの研究をする酒向さん(右)と曽根さん=名古屋市昭和区の向陽高で

 岐阜市で十三日に開かれる日本初の国際植物生殖会議で、名古屋市立向陽高校(昭和区)国際科学科の三年生二人が、ユリの受精の際に花粉から花粉管が直進する仕組みを研究した成果を発表する。世界的な植物学者が集う会議に高校生が参加するのは珍しい。二人は「専門家たちとの交流を楽しみたい」と張り切っている。

(ここまで 147文字/記事全文 1061文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
雨のち曇り
22 ℃/--
東京
雨
21 ℃/--
大阪
雨のち曇り
24 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集