コラム・小説・漫画

日本ドロー、セネガルに2−2 W杯 

2018/6/25 朝刊

セネガル戦の前半に同点ゴールを決め、雄たけびを上げて喜ぶ乾(右)=24日、エカテリンブルクで(岩本旭人撮影)

 【エカテリンブルク=ロシアW杯本社取材団】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会で日本代表は二十四日、当地で行われた一次リーグH組の第二戦でセネガル代表と2−2で引き分けた。日本は一勝一分けの勝ち点4で、セネガルと並び同組首位。ベスト16による決勝トーナメントへの二大会ぶりの進出へ前進した。

 日本は、香川(ドルトムント)大迫(ブレーメン)らコロンビア戦と同じ十一人が先発。序盤に先制を許したが、前半34分に乾(ベティス)が右足で同点ゴールを決めて1−1で折り返した。後半再び勝ち越されたが、同33分、交代出場の本田(パチューカ)のゴールで追い付き引き分けた。本田は三大会連続の得点。

 十九日の一次リーグ初戦で国際サッカー連盟(FIFA)ランキング十六位のコロンビアを2−1で破った同六十一位の日本は、二〇〇二年日韓大会でベスト8の実績がある同二十七位のセネガルと対等に渡り合った。日本は二十八日午後五時(日本時間午後十一時)からボルゴグラードで行われる1次リーグ最終戦でFIFAランク八位のポーランドと対戦。勝つか引き分ければ、自力での一次リーグ突破が決まる。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
37 ℃/26 ℃
東京
晴れ後曇り
35 ℃/26 ℃
大阪
晴れ
36 ℃/27 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集