コラム・小説・漫画

『野呂邦暢小説集成』が完結 長崎原爆を描いた未完の長編も収録 

2018/6/28 夕刊

『野呂邦暢小説集成』の最終巻

 長崎県諫早市を拠点に活動した作家、野呂邦暢(のろくにのぶ)(一九三七〜八〇年、写真)の全小説・詩作品を収めた『野呂邦暢小説集成』(全九巻、文遊社)が完結した。最終巻『夜の船』には、野呂が長崎原爆を描いた数少ない作品で、未発表・未完の長編「解纜(かいらん)のとき」を収録。担当編集者は「作家の全体像を初めて理解できる企画になったのでは」と語っている。

(ここまで 175文字/記事全文 752文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ
35 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
34 ℃/--
大阪
晴れ時々曇り
36 ℃/--
  • 東名, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集