関市、氾濫後に避難指示 危険水位設定なく 

2018/7/12 紙面から

 豪雨で百棟以上の床上浸水があった関市の上之保地区で、市から避難指示があったのは、津保川の氾濫から少なくとも三十分以上後だった。現場近くにある市と県の水位計で、判断材料となる「避難判断水位」「氾濫危険水位」が設定されていなかったため、指示が遅れたとみられる。住民の避難の遅れや家財の被害拡大に影響しており、今後の対策が迫られる。

(ここまで 164文字/記事全文 1091文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(20:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
36 ℃/27 ℃
東京
晴れ時々曇り
35 ℃/27 ℃
大阪
晴れ
37 ℃/28 ℃
  • 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集