古寺を改築 交流拠点に 自然の中、衣食住学び合う 

2018/7/12 紙面から

(上)手作りの椅子と机があるモナの森の建物内を紹介する山元加津子さん(下)交流の場として生まれ変わったモナの森=いずれも小松市大杉町で

(上)手作りの椅子と机があるモナの森の建物内を紹介する山元加津子さん(下)交流の場として生まれ変わったモナの森=いずれも小松市大杉町で

小松の山元さん 

 小松市山間部の大杉町にある築百三十年の古民家が、日曜大工や染め物、パン作りなど多様な講座を開く交流拠点に生まれ変わった。古民家を買い取って改装し「モナの森」と名付けて運営するのは、元教諭で随筆・小説家の山元加津子さん(61)=同市長谷町。自作のファンタジー冒険小説の主人公から命名した。「自然の中で人が助け合い、命を太くする生き方を実践したい」(長屋文太)

(ここまで 187文字/記事全文 865文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(20:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
36 ℃/27 ℃
東京
晴れ時々曇り
35 ℃/27 ℃
大阪
晴れ
37 ℃/28 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集