コラム・小説・漫画

<戦後73年> 焦土、おにぎりの神様 

2018/8/10 朝刊

教え子や同僚のためにおにぎりを握った当時の様子を語る山崎寿子さん=長崎市三京町で

 長崎は9日、原爆の日を迎えた。73年前、街を焦土とされた人々の命をつないだのは、配られた真っ白なおにぎりだった。被爆者を訪ね歩くと、当時を思い起こし、改めて感謝の言葉を口にする人が少なくなかった。「私は、あのおにぎりに救われました」と−。 

(ここまで 121文字/記事全文 1116文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報

アクセスランキング 5:00更新 もっと見る

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ時々曇り
32 ℃/--
東京
晴れ
29 ℃/--
大阪
晴れ
34 ℃/--
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集