江戸期の裁判記録解読、自費出版 東栄町出身・山本さん 

2018/9/14 紙面から

農民と商人が争った裁判記録「議定論日記」の原本=東栄町教委所蔵

農民と商人が争った裁判記録「議定論日記」の原本=東栄町教委所蔵

 江戸末期、三河国設楽郡(ごおり)振草郷(現東栄町)の農民と商人が激しく争った民事訴訟の記録を、東栄町出身の犬山簡裁判事山本正名(まさな)さん(69)が解読し、「江戸の裁判 花祭の里の天保騒動記『議定論(ぎじょうろん)日記』」のタイトルで風媒社(名古屋市)から自費出版した。訴訟当事者や役人、奉行らの発言が克明に記され、白洲(しらす)の上で繰り広げられた人間ドラマを二百年後の現代に伝えている。

(ここまで 197文字/記事全文 1190文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
雨時々止む
22 ℃/18 ℃
東京
雨
21 ℃/15 ℃
大阪
雨時々止む
24 ℃/20 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集