コラム・小説・漫画

コラム・小説・漫画 小説

緋の河<322> 

2018/12/6 夕刊

 秀男が作ったお粥(かゆ)を美味(おい)しそうに食べる章子は、頬こそ削(そ)げたままだったけれど、一度目の失恋をした中学の頃に戻ったような幼さだ。

(ここまで 73文字/記事全文 896文字)

続きを読む(ログイン)

※続きを閲覧するには会員登録する必要があります。 (中日新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井の定期購読者は無料です)

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇りのち晴れ
11 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
8 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
10 ℃/--
  • 名神, 東名阪道で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集