中日新聞プラス 利用規約 (2/3)

 ●プレミアム会員資格の失効

・プレミアム会員は、本人および同居家族が(会員資格に要する)新聞購読を停止した場合、プレミアム会員費を支払っても中日新聞プラスの会員資格そのものが得られず、全ての会員向けコンテンツ、サービスが利用できなくなります(同居する会員も含む)。

・(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、プレミアム会員費の支払いを遅滞または拒否した場合、(同居する会員と共に)中日新聞プラスの会員資格そのものが失効する場合があります。

・(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、プレミアム会員費の支払いを遅滞または拒否した場合、(同居する会員と共に)中日新聞プラスの会員資格そのものが失効し、その後の一般会員への再登録が拒否される場合があります。

・プレミアム会員費の支払遅滞に対する督促について、これに係る全ての判断は、中日新聞社が任意に行います。中日新聞社は、プレミアム会員の資格失効に係る個別の事情、経緯、理由を説明する義務を負いません。

・(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、中日新聞プラスの会員資格を失効した場合、その失効した日が属する月のプレミアム会員費として、1カ月分が請求されます。

なお、(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、初めてプレミアム会員の登録を行った月に、中日新聞プラスの会員資格を失効した場合には、その失効した日が属する月と翌月分のプレミアム会員費として、1カ月分が請求されます(「プレミアム登録初月無料期間」分は無料につき)。

いずれの場合も、この(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員だけが、同居家族から離れる等の理由で、中日新聞プラスの会員資格を失うケースでは、速やかに新たな(プレミアム会員費の)支払い者を設定して頂きます。このことで、プレミアム会員費の請求は新たな支払い者に対して行われます。

・(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、中日新聞プラスの会員資格を失効した場合、同会員資格を失効した日が属する月は、(同居する会員と共に)同会員をプレミアム会員として取扱い、翌月より同コンテンツ、サービスが利用できなくなります。

なお、(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、初めてプレミアム会員の登録を行った月に、中日新聞プラスの会員資格を失効した場合には、その失効した日が属する月と翌月は、(同居する会員と共に)同会員をプレミアム会員として取扱い、翌々月より同コンテンツ、サービスの使用ができなくなります。

いずれの場合も、この(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員だけが、同居家族から離れる等の理由で、中日新聞プラスの会員資格を失うケースでは、速やかに新たな(プレミアム会員費の)支払い者を設定して頂きます。このことで、同居する会員は継続してプレミアム会員の資格を保持することができます。

・プレミアム会員が中日新聞プラスの会員資格を失効した事由によっては、即座に全ての会員向けコンテンツ、サービスの利用ができなくなる場合があります。この判断は、中日新聞社が任意に行います。中日新聞社はこれに係る個別の事情、経緯、理由を説明する義務を負いません。

●転居時の手続き

・転居後に中日新聞朝刊、北陸中日新聞朝刊、日刊県民福井を継続して購読を行う場合、所定の手続きにより、転居先でも、それまでの中日新聞プラスの会員IDを継続して使用することができます。

・同手続きは次の手順にて行います。

(1)転居日までに新聞購読販売店に「転居連絡手続き」を行います。

(2)転居後に新聞購読を再開した時点で、中日新聞プラス上のMYページ内「会員情報の確認と変更」画面にて住所変更を行います。

・転居に際して、上記の手続きを行わなかった場合、同IDは使用停止となります。

・転居先であらためて中日新聞朝刊、北陸中日新聞朝刊、日刊県民福井の定期購読を行い、再度、同じメールアドレスを会員IDとして、中日新聞プラスの会員登録を行うことは可能です。ただし、以前に使用していた会員IDに付帯するMYページ内の情報等を引き継ぐことはできません。

・上記の手続きを行わなかった(同居家族内でプレミアム会員費を支払う)プレミアム会員が、転居先で新たに会員登録を行うことができるのは転居日の属する月の翌月からであり、あらためて一般会員への登録を行うことになります(転居月内は同居する会員と共にプレミアム会員として取り扱います)。

また、初めてプレミアム会員の登録を行った月に、同手続きを行わず転居した場合、新たに会員登録を行うことができるのは転居日の属する月の翌々月からであり、一般会員への登録を行うことになります(転居月と翌月内は同居する会員と共にプレミアム会員として取り扱います)。

●会員情報の更新

・会員は、登録した会員情報を最新のものにするため、定期的に会員情報の更新を行うものとします。会員情報の更新は、中日新聞プラス内「MYページ」内、「各種設定変更・登録解除案内」に入り、「各種設定メニュー」から行います。

・会員は、中日新聞社から会員情報の更新を求められた際に、示された期限内にこれを行うこととします。

・中日新聞社から会員に会員情報の更新を求める際には、中日新聞プラス内にある掲示機能、メール等を通じてこれを通知します。

・中日新聞社から会員に求めた会員情報の更新を、示された期限内に行われなかった場合、会員資格を失ったり、会員向けコンテンツ、サービスの一部を利用できなくなったりする場合があります。

・新聞主購読者の会員に対しては、会員情報の更新に際して、同居家族の会員が間違いなく同居しているかについて問い合わせすることがあります。ここで、対象となる会員(家族)の同居状態が失われたことが確認された場合には、この会員(家族)は会員資格を失います。

・新聞主購読者の会員が、中日新聞社から求められる会員情報の更新を行わず、これにより会員資格を失った場合、あわせて同会員と同居する会員も会員資格を失う場合があります。

●禁止事項

・会員およびサイト利用者が中日新聞プラス内のコンテンツ、サービスを利用するにあたり、以下の行為を禁止します。

(1)本規約、法令等に違反する行為または、犯罪に関連する行為

(2)中日新聞社の保有するあらゆる権利を侵害する行為、不利益を与える行為

(3)アクセス権限のない情報の不正入手、不正使用、およびこれに準じた行為

(4)中日新聞社の新聞発行事業、サービス事業、中日新聞プラスの運用に支障を与える行為

(5)当人が有さない著作権等の知的財産に関わる権利を侵害する行為

(6)第三者の財産、プライバシー、肖像権、その他の権利を侵害する行為

(7)他者を誹謗中傷し、名誉、信用を毀損する行為

(8)第三者になりすます行為

(9)情報の登録、届け出に際して虚偽の内容を入力、申告する行為

(10)会員IDを第三者に使用させる行為

(11)他者の個人情報を許可なく収集する行為

(12)中日新聞プラス内で提供される情報を許可なく二次利用する行為

(13)中日新聞プラスと関わりのない組織への勧誘、運営を図ろうとする行為

(14)中日新聞プラスと関わりのない営利目的の利用、またはこれに類する行為

(15)中日新聞プラス内のコンテンツ、サービスとは関係のない営業サイトへの誘因、インターネット広告等へのリンク表示などを行う行為

(16)選挙運動またはこれに類する行為

(17)わいせつ画像など、他者に不快感を与えるデータやテキストを表示、送信する行為

(18)会員同士が当サイト外で直接連絡を取り合うことを目的とした情報の送受信

(19)公序良俗に違反する行為

(20)その他、中日新聞社が不適当と判断する行為

●利用規約の変更

・利用規約は、事前の告知なく、変更されることがあります。

・変更後の利用規約は、特別な場合を除き、本規約の画面に表示された時点から効力を持つものとします。

・利用規約が変更された際、会員に対しては、中日新聞プラス内にある掲示機能、会員への連絡機能、メール等を通じてこれを通知します。

・この通知の方法は、中日新聞社が適宜選択します。

・利用規約の変更をメールで会員に通知する場合、原則として会員IDとして使用されるメールアドレス宛てにこれを送信します。

・利用規約の変更をメールで会員に通知する場合、中日新聞社が会員の登録したメールアドレスにこれを送信した時点をもって、同件は会員に到達したとみなします。

・中日新聞プラス内にある会員への掲示機能を使用し、利用規約の変更を会員に通知した場合、一定期間の掲示をもって、同件は会員に到達したとみなします。この場合、会員が同期間、中日新聞プラスへのログイン状態が持たれたかは問われません。

・利用規約の変更については、その内容により、事前に通知するものと、事後に通知するものがあります。

 
●有料サービス、商品購入、クレジットカードの取り扱い

・中日新聞プラスでは、プレミアム会員の会員費の支払いとは別に、全ての会員を対象とした有料サービス、商品の購入、決済の機会を随時、提供します。

・サービス、商品の種類により、中日新聞プラス内で、会員以外のサイト利用者にもその購入、決済の機会を与えることがあります。

・プレミアム会員費の支払い、ならびに有料サービス、商品購入の支払いに使用するクレジットカード情報については、中日新聞社を管理責任者とします。

・プレミアム会員費の支払いに使用する(登録した)クレジットカードにより、同会員費の支払い以外の有料サービス、商品を購入する機会が中日新聞プラス上で提供されます。

・各決済においてクレジットカード会社からの支払いが行われなかった場合、中日新聞社は当該会員、サイト利用者に代金の請求を行うことができるものとします。

・領収証または、これに類する証明書等の発行については、個別の事案ごとにその有無を示します。

・中日新聞プラス内で販売された、インターネット上で利用するコンテンツ、ダウンロードサービス等の有料サービスについては、原則、返品はできません。

・中日新聞プラス内で会員が購入したコンテンツ、ダウンロードサービスの利用可能期間中に、会員登録の解除手続きが行われたり、会員資格を失ったりした場合、その利用に会員の資格を要するコンテンツ、ダウンロードサービスは利用できなくなります。また、その場合においても、これに関係する債務は消失しません。

・中日新聞プラス上で会員が購入したコンテンツ、ダウンロードサービスが、中日新聞社が予期できないインターネット上の障害等により支障が出た場合、原則、その代金は返金されません。

・有料のコンテンツ、ダウンロードサービス等は、これを購入しようとする会員、サイト利用者が、これを利用できるインターネット環境等が整っているかを事前に確認することとします。インターネット環境等の不備により、同サービスが利用できなかった場合、原則、その代金は返金されません。

・中日新聞プラス上で販売される、コンテンツ、サービスや商品について、購入者が事前に確認する必要のあるインターネット環境等の不備により、損害や逸失利益の事態が生じても、中日新聞社は責任を負いません。

・会員、サイト利用者が自らの責任で管理する会員IDやパスワード等の認証情報が、会員の瑕疵により不正使用され生じた、サービス、商品購入に伴う損害等について、中日新聞社は責任を負いません。

●個人情報の取り扱い

・中日新聞社は、個人情報保護法及び、中日新聞社の「個人情報の保護に関する基本方針」に従って、中日新聞プラスにおいて管理する会員、登録申込者の個人情報を適切に取り扱います。

・中日新聞プラスの懸賞応募などで、中日新聞プラスの会員以外の個人情報を入手した場合、中日新聞社は同個人情報を会員の個人情報と同様に管理し、適切に取り扱います。

・中日新聞プラスにおいて中日新聞社が管理する会員、登録申込者の個人情報、これと共に管理する情報は、会員が登録、入力する個人情報と、サイト内での一部、行動履歴が含まれます。

・同情報は、以下の時点において取得します。

(1)中日新聞プラスへの会員登録時の、会員プロフィールを入力する時点

(2)各コンテンツにおいて、会員プロフィールを追加入力する時点

(3)会員情報の更新にあたって、会員プロフィールを変更、追加入力する時点

(4)会員が会員資格を変更する時点

(5)中日新聞プラスのプレミアム会員登録に際してクレジットカード情報を入力する時点

(6)中日新聞プラス上の会員向けコンテンツ、サービスを利用し、その行動履歴が記録される時点

・中日新聞社は、中日新聞プラス上の懸賞応募、イベント申込み、投稿、チケット購入、ニュース閲覧履歴などのコンテンツ利用状況、メルマガ登録、SNSサービスへの書き込み実績、アンケート回答など会員の行動履歴を、会員情報と関連付けて取得、管理します。中日新聞社はこの行動履歴を、個人情報に準じて管理し、取り扱います。

・中日新聞プラス上で、会員がアップロードした書き込みや送信した投稿などの内容は、個人情報としては取り扱いません。(●「著作権、会員発信情報の取り扱い」参照)

・中日新聞社は、中日新聞プラスと提携する外部企業が独自に取得する、会員の取引記録、決済に関する情報等について提供を受け、会員の個人情報と関連付けて管理する場合があります。中日新聞社はこの情報を、個人情報に準じて管理し、取り扱います。

・中日新聞社は、会員資格を確認するため、会員、登録申込者の個人情報の一部を中日新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井の新聞販売店と共有します。管理責任者は中日新聞社とします。

・中日新聞社は、中日新聞プラスを通じて知り得た会員、登録申込者の個人情報、これと共に管理する情報を、以下の目的の範囲で使用します。会員はこれに同意するものとします。

(1)会員登録にあたっての資格確認のため

(2)会員への連絡、通知のため

(3)中日新聞社、中日新聞のグループ企業、中日新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井の新聞販売店が、会員に各種商品、サービス、情報を提供するため(各種料金の請求、決済、連絡を含む)

(4)中日新聞社が、中日新聞社のグループ企業、広告主などの各種商品、サービス、情報を会員に提供するため。この場合、同個人情報を会員の了解なく、中日新聞社以外の企業に提供することはない

(5)中日新聞社が、各種アンケートや調査、研究、商品開発を行うため

・ここで言う広告主とは、中日新聞社が発行、運用する各種発行物やウェブサイト、イベント等において、中日新聞社および中日新聞グループに対価を支払い、宣伝活動を行う者を指します。

・中日新聞プラスでは、ログイン後の画面において会員の個人情報、これと共に管理する情報、サイト内での一部、行動履歴をもとにして広告表示を行います。同機能は非表示とすることはできません。

・中日新聞社は、会員および登録申込者にイベント情報、広告主の情報、アンケート依頼、新聞購読の案内等のメールを送信することがあります。同メールの送信にあたっては、会員および登録申込者の登録メールアドレスを使用します。

・中日新聞社が、ここに定めのない目的で会員および登録申込者の個人情報を利用する場合、その目的ごとに、会員へ事前告知します。

・会員および登録申込者の個人情報への接触と具体的な作業を行うのは、中日新聞社と中日新聞、北陸中日新聞、日刊県民福井の新聞販売店のみとします。中日新聞のグループ企業や広告主などがこれを使用する場合、同情報への直接的な接触はさせず、中日新聞社がこれを代行します。新聞販売店がこれを使用する場合は、個人情報保護法に従い、厳格な運用ルールの中で取り扱います。いずれの場合も中日新聞社が管理責任者となります。

・中日新聞プラスからリンクする外部サイト等において、会員が第三者と取引関係を持ったことにより、会員により提供された個人情報の取り扱いについて、中日新聞社は責任を負いません。

・会員、登録申込者、サイト利用者の個人情報を取り扱う業務を第三者に委託することがあります。この場合、中日新聞社は委託先に対して、個人情報が漏えい、流出することのないよう厳重な管理を義務付け、これを契約した上で実施します。

・会員および登録申込者が中日新聞社に対して、本人の個人情報について、開示、訂正、削除、利用停止を請求する場合、中日新聞プラス上の所定の方法にてこれを行います。中日新聞プラス上で行えない種類のものについては、中日新聞社の窓口へこれを連絡し行います。この際、本人確認のために必要な書類の提出などが求められること、手続きに手数料が必要となることがあります。なお、事由により、この請求に対応できない場合があります。

・会員により提供された個人情報に、明らかな誤記がある場合など、中日新聞社が会員の了解を得ることなく同情報の訂正等を行うことがあります。

・会員登録を解除した人、会員資格を失効し中日新聞プラスの会員向けコンテンツ、サービスが利用できなくなった人に対して、新聞販売店から新聞購読の案内を行うことがあります。また、会員時にIDとして使用していたメールアドレスに、中日新聞社より新聞購読の案内等のメールを送信することがあります。

・中日新聞社は、中日新聞プラス上で集計した数値的な会員、サイト利用者の統計情報や、各アンケートの回答、意見募集に対する記述内容等を、個人を特定できない形で公表したり、広告主などの第三者に提供したりすることがあります。

・中日新聞社は、法令もしくはこれに準ずる定めにより、強制的な開示が必要とされた場合、会員の個人情報を求められる先に開示、提供することがあります。

・中日新聞社は、会員が法令や本規約の定めに違反し、中日新聞社または第三者の権利、財産を侵害する恐れを確認した場合、必要に応じて同会員の個人情報を第三者に対して開示、提供することがあります。

・中日新聞社は、個人または公共の安全を守る目的のため、第三者に会員の個人情報を開示することが必要とされた場合、これを開示、提供することがあります。

・中日新聞社のグループ企業、広告主などが主体となり、中日新聞プラスの応募機能を使って、懸賞やアンケート、商品販売等の事業を行う場合があります。会員、サイト利用者には、中日新聞プラスにおいて管理される個人情報のどの部分を、この事業主に提供するかをあらかじめ明示します。会員、サイト利用者はこれを了承した上で、これらの事業に参加するものとします。ここで会員、サイト利用者から提供された個人情報は、同事業主の責任の下で取り扱われます。中日新聞社は、同事業主に対し、個人情報保護法を遵守し、会員のプライバシーに配慮した個人情報の取り扱いを義務付けます。

・通信回線の故障、システム障害などにより、中日新聞社の管理する、会員、サイト登録者、サイト利用者の個人情報、パスワード等の認証情報が消失または紛失した場合、中日新聞社の重大な過失により引き起こされた事象でない限り、中日新聞社は発生する損害に責任を負いません。

1 - 2 - 3