プレゼント

【当選者発表】QUOカード1000円分と「平安会館のはじめてのご葬儀ガイドBOOK」41

5名様にプレゼント

当選者 平田祐世様 岐阜県
安藤馨子様 三重県
玉川了一様 愛知県
瀬戸寛樹様 愛知県
初村光洋様 愛知県

※賞品の発送には1か月程度のお時間を頂く場合がありますので、ご了承ください。
※当選者の中には同姓同名の方がご当選の場合がありますので、ご了承ください。

当選人数 5名様
※ 当選者発表の方法 : 当プレゼントの当選者は中日新聞プラス上で、ご住所(県名まで)と共に本名にて発表します。
※ 個人情報の取り扱い : 当コーナーのプレゼントを当選者に発送する際、この作業を中日新聞社以外のプレゼント提供者など(賞品の製造者、販売者、発送代行者、その他の賞品提供者等)が行う場合があります。この場合、発送作業に必要な当選者の個人情報がそこへ提供されます。あらかじめご了承の上、ご応募ください。

中日新聞朝刊(愛知県の市民版と尾張版)に連載中の広告「平安会館 葬祭ディレクターのまなざしより」。今回のエピソード(下記)をお読み頂き、感想およびアンケートにお答え頂いた方の中から抽選で5名様に、QUOカード1000円分と「平安会館のはじめてのご葬儀ガイドBOOK」をセットにしてプレゼントします。

★以下をお読みください★

【vol.41】
「知っ徳-尾張四観音-」

こんなご質問をいただきました。・・・「2018年の恵方にあたるのは、どのお寺ですか?」  今から約四〇〇年前。徳川家康公が名古屋城を築城する際、城を中心とした四方の鬼門にある四つの寺を尾張の鎮護として定めたのが、『尾張四観音』。「笠寺観音/名古屋市南区」「甚目寺観音/あま市甚目寺」「荒子観音/名古屋市中川区」「龍泉寺観音/名古屋市守山区」では、毎年節分の時期に節分祭(会)が行われます。この四寺のうち、名古屋城から見てその年の「恵方」に当たる寺では、「無病息災」「福」にあやからんと多くの参詣者で賑わいます。  二〇一八年の恵方は、南南東にある笠寺観音。その昔、青年貴族・藤原兼平公が旅の途中、雨に濡れている観音様に自分の笠を被せていた娘を見初め、都に召され結ばれたという玉照姫(たまてるひめ)伝説にちなみ、縁結びのパワースポットとしても有名です。今年の節分は、バレンタインデーより一足早く、「福は内」と豆をまき、良縁を引き寄せてみませんか。

募集は終了しました。

PR情報
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
30 ℃/13 ℃
東京
晴れ
28 ℃/14 ℃
大阪
晴れ
25 ℃/14 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集