名古屋の買い物事情

2018/4/24
名古屋の買い物事情
登場人物

おいなごちゃんは、名古屋城の屋根を思わせる緑色の髪にエビフライの髪留めが特徴的なイメージキャラクター。名古屋の毎日を変えるためTwitterで日夜活動しており、ちょっとした区と同じくらいのフォロワー数。京都に住んでいた妹の若宮桜は名古屋で就職が決まり姉を頼って来名し、2年ぶりに再会したところ。(イラスト・鹿宮なつき)

前回記事はこちら【名古屋人は毎日が名古屋飯?】

「さて、ご飯も食べたし買い物でもしよっか。ついでに何か甘いものもこの辺にないかなー?」

そう言いながらスマホを取り出す姉。見ているサイトは、姉が過去にツイートしたお店を検索できる公式サイトだった。エリア別検索できるスグレモノだ。

「お姉ちゃんまだ食べるの!? それはそうと名古屋で買い物って、どこでするのか全然わからないから教えてー!」

「うーん、私は西区の浄心に住んでるから鶴舞線から乗り換えずに行ける大須とか上小田井のショッピングモールに行ったりするけど、一番何でもそろうのはやっぱり栄かなぁ」

オアシス21

「栄ってこの辺だよね? たしかにお店多そう!」

名古屋も栄も「ダンジョン」

「最近は名古屋駅前の開発ラッシュに押され気味で、丸栄は2018年6月閉店、中日ビルも19年3月に閉館するけど、これから建て替えられて街が生まれ変わっていく時代を体験できるよ。それに、栄は地下街がすごいんだ。雨でも濡れずに大体のものを揃えられるからね」

中日ビル

「なるほど…」

「サカエチカ・セントラルパーク・森の地下街…と色々な地下街が繋がってるから、慣れないと迷子になっちゃって大変だけどね」

※サカエチカ…栄駅地下にあり三越、丸栄、中日ビルなどに直結、セントラルパーク…栄駅と久屋大通駅間。森の地下街…栄駅からオアシス21などの商業施設を繋ぐ。

「栄もダンジョンなんだね」

「あと、栄には100円均一がたくさんあるのもうれしいんだよ。ダイソー広いし、Seria(セリア)もあるから、特に欲しいものがない時でもなんとなく見ちゃう!」

「新生活始める時は百均にお世話になるから、また来よっと!」

「あとは栄を南北に通る久屋大通沿いには三越、ラシック・松坂屋・パルコがあるし、そのまま南へ歩くと大須まで歩けちゃう。電気街もあるし、ゲーム・アニメその他もろもろありとあらゆるジャンルの趣味のお店が、栄〜大須エリアに揃ってるんだ!」

「へー、私こっちで服とかも色々買うつもりで来たから、楽しみだな」

「今日はとりあえず大須まで歩こっか。お姉ちゃん何でも買ってあげるぞー!」

「えー!?バイト代いっぱい貯めてきたから大丈夫だよ!」

「でも、最近話題が豊富なのは、やっぱり名古屋駅周辺のエリアなんだよね。名古屋駅直結で、高島屋のあるJRセントラルタワーズに加えて、近年、JRゲートタワー、KITTE名古屋、大名古屋ビルヂングが次々開業したんだ。老舗の近鉄パッセ、名鉄百貨店なんかも含めて駅東側のほとんどのエリアが、地下街でつながってるんだよ」

車だと便利なショッピングモール

「新幹線の駅からビル見えたけど、すごい存在感だもんね。ちなみに車で行く大きなショッピングモールみたいなのってあるの? ああいうの、雨の日に便利だよね」

「京都にもあったけど、名古屋にはイオンモールが点在してるよ。上小田井のmozoワンダーシティをはじめ、八事・新瑞橋・熱田・大高あたりかな。ナゴヤドーム前にもイオンがあるんだけど、昔ドーム前ジャスコって呼ばれていた名残で、今でもドムジャって呼ばれたりするよ」

「住む場所の近くにあると便利だよね」

「そうだね。あと、流通大手ユニーのアピタも大きくて、名古屋に住む人々の生活の支えになってるよ。そういえば、アピタ東海通店は、業務提携してMEGAドン・キホーテUNY東海通店に生まれ変わったよ」

「アピタ…京都では聞いた事ないな」

「ちなみに伏見エリアにはテラッセ納屋橋っていうところがオープンして、ユニーの高級スーパーが入ったんだよね。あの辺りはスーパー自体が少なかったから便利になったと思うよ」

100メートル道路が交差する栄

100メートル道路の久屋大通。中央分離帯部分は公園やバスターミナルになっていて、100メートル全部が車道というわけではない

姉と話しながら、三越や松坂屋を見上げて久屋大通を南下していった。若宮大通にさしかかったところで、信号が赤に変わった。

今歩いている久屋大通も、この若宮大通も、名前だけは知っていた。自分の苗字と同じ若宮だからと、小学校の自由研究で調べたことがあったのだ。100メートル道路と呼ばれるこんなに広い道路は、狭い日本には3本しかない。そのうち2本が名古屋にある。ちなみに、残りの1本は広島だ。

実際目にした通りは、中央に公園をはさんでいるので、いうほどの幅は感じない。でも、横断歩道が2つもあるし、一度で渡りきるには全力で走らないといけないかな。

「そういえば信号の点滅を、信号がパカパカしてるーとか言う人も名古屋には多いんだ。私は何の事だか全然わかんなかったよ」

「へー、方言って面白いねぇ」

「〇〇だがね〜って言う人は減ったみたいだけど、細かい言い回しにはまだ方言が残ってるし、気付きにくい部分だよね」

「新品のことを『さら』っていうのが関西弁っていうのも最近知ったし、同じような感覚かも」

実家にいた時はインドア派だった姉が、こんなに生き生きと外のことを話す姿が見られるなんて考えてもみなかった。姉の語る名古屋は、どこか愛らしくて面白く、自分も前から好きだったような気持ちになってくる。新生活の不安もすっかり忘れたところで、信号が青に変わった。

次回の記事はこちら【名古屋は遊び場所に困る?】

※記事はフィクションで、記事中の写真は参考掲載です