熟練の技に挑む 職人女子

靴磨き職人 河村真菜さん

2017/04/20

靴を長持ちさせることが私の仕事

靴磨き職人 河村真菜さん
イタリアの女性職人に憧れて
靴磨き職人へ

 めざましい開発が進む名駅界隈。その賑やかなエリアの一角、ビルの奥にある小さな店で、河村さんは日々靴磨きの仕事にいそしんでいます。河村さんが靴磨き職人を目指すきっかけとなったのは、友人から借りた一冊の本。その中に、イタリアの女性靴磨き職人ロザリーナさんが紹介されていました。「本を読むまで、この仕事を知りませんでした」と振り返ります。「シングルマザーでありながら20年も職人一筋で頑張っているロザリーナさんを知り、私も頑張ってみようと思いました」。さっそくオーナーの佐藤我久さんを訪れ、靴磨き職人として働くことになったのです。

 靴磨きはまず、汚れをしっかりと落としてから指でクリームをなじませていきます。「指のほうが革の状態もわかり、体温でクリームがなじみやすいのです」と話す河村さんは繊細な手つきで作業を行います。また仕上げのワックスも目で確認しながら色を混ぜ合わせていきます。「ワックスはシワの部分に塗ると履いた時に割れてしまうので、つま先などの芯が入っている部分だけ塗ります。とても気を使います」。またこの店には、一度も履いたことのない靴のプレメンテで訪れるお客様も多いとか。「内側からオイルやクリームを塗ってメンテナンスします。まだ靴底もきれいな靴なので汚さないように気をつけています」。神経を使う仕事のため、達成感もあるといいます。

靴磨き職人 河村真菜さん
お客様とのコミュニケーションも大切

 シミがついた革靴の再生は、溶剤で革の色をいったん落としてから染料を塗る作業を行います。「染める作業は一度失敗したら元には戻らないので、とても緊張します。大変ですがとにかく慣れることと、センスも大切だと思っています」と話す河村さんの表情はまさに職人そのものです。「まだ1年も経たない駆け出しで、オーナーに会いに来ているお客様も多く、自分が磨いてもいいのか迷うこともあります。でもお客様に『やっぱりプロの靴磨きは違うね』と言っていただけるのは何より嬉しく、励みになります」と笑顔を見せます。

 河村さんはこうした技術だけではなく、コミュニケーション力や人間性にも磨きをかけています。「靴磨き職人はお客様と過ごす時間が長いもの。磨いている間も心地よく過ごしていただけるように配慮しています」。まだ新人ですが自分の信念は曲げません。「靴の革はワックスを使い続ければ光りますが、それでは毛穴が詰まって革が呼吸できなくなってしまう。見かけの美しさだけではなく、靴を長持ちさせることが靴磨き職人の仕事だと考えています」。

 さらに腕を磨きつつ、将来は空港のラウンジに靴磨きの店を展開したいと目を輝かせます。「飛行機に搭乗するまでの時間を有効に使って靴を磨いてもらいたいと思います。未知なる場所、新たな場所へ行く前に靴もきれいにして気持ちも新たにしてもらいたいです」。また、忙しい人のために、専属の靴磨き職人の仕事をしてみたいと話します。「忙しい人ほど、靴をきれいに磨いていかなければならない場所へ行くことが多いはず。そうした方々のお役に立てたら嬉しいと思います」。

手の温度でクリームをのばしながら、細かいところまでしっかりと塗っていく

豚毛の固いブラシでクリームを靴全体になじませる

柔らかい布や、馬毛のブラシで丁寧に汚れやホコリを取る

靴墨の色は見て決めたり、お客さんの要望で決めることもある

動画でもご覧頂けます

読者からの感想
  • 自分の実力で勝負する。とても素晴らしいことだと思います。自分にとっては、ある意味羨ましい面もあります。河村さんの靴磨きに対する情熱がとても感じられました。(愛知県 東海市 男性 49歳 パート・アルバイト)
  • 20年ほどスーツを着て仕事をしたことがあり革靴もいろいろ履いてみたが職人さんに磨いてもらうような高価な靴ではないのでいつも自分で磨いていました。コーヒーを濾した後の布袋がいいと聞き使っていました。リタイアしてだいぶ経ちますが一度は靴を磨いてもらう経験をしたかったと思います。名古屋シューシャインガールですね。(愛知県 瀬戸市 男性 72歳 無職)
  • 靴磨き、女性の活躍を是非これからも応援したいです。やはり男性の仕事というイメージなので、女性のお客さんも気軽にお願い出来て、喜ばれると思います。(愛知県 北名古屋市 男性 53歳 会社員)
  • きっかけに始まり、将来の夢(目標)まで物語のように繋がっており、感心すると共に刺激を受けました。いつか海外へ仕事で赴く際や、旅行に行く時に、お気に入りの愛靴を、磨いてもらえたらいいなと思います。(愛知県 春日井市 男性 42歳 会社員)
  • お友達から借りた本を読み、その女性に憧れて靴磨きの世界に入られたと知り、心惹かれた仕事なのだと思いました。私はクリームを購入しただけで、やったことがありません。靴がきれいになることが病みつきになるのでしょうか。一人でも多くの方の靴を磨き上げてください。(愛知県 江南市 女性 27歳 パート・アルバイト)
  • 一念発起してすぐに職人の世界に飛び込む真菜さんの行動力に脱帽です。自分も靴磨きには興味があるので、お店にお邪魔して自分の靴も磨いてもらいながら教えて貰いたいです。(愛知県 西尾市 男性 47歳 会社員)
  • 昔の靴磨きや童話の中の靴磨きのイメージを一新する内容でした。靴を磨くことに、こんなに細やかな愛情をかけていらっしゃるプロとしての仕事に驚きました。(三重県 伊勢市 男性 59歳 会社員)
  • 仕事に向かう姿勢に感心しました。技術を高めるには、まずは心が大切ということを教えられました。初心を忘れず、空港で店を出すという目標に向かってがんばってください。(岐阜県 岐阜市 男性 58歳 会社員)
  • 今回の記事を読むまで、靴磨き職人と言うと「男性」というイメージを持っていました。靴磨き職人になったきっかけは「友人から借りた一冊の本」という事でしたが、その本がすごく大きな一冊で素敵な出会いだったのだと思いました。靴磨きといっても磨くだけではなく様々な汚れを落とす事も含むので、奥の深い仕事なんだと知りました。今まで靴磨きをしてもらった事はありませんが、機会があれば是非してもらいたいです。同じ女性として、これからも色々な世界で女性が活躍して欲しいと思います。(三重県 松坂市 女性 49歳 会社員)
  • 「靴磨き職人」に驚いた。かつては、駅でよく見かけた靴磨きも今はほとんど見かけない。その職人になろうとした。河村さんの意欲に感動した。是非とも、輝く靴磨き職人になってほしい。そして、この職業に光を当ててほしい。(愛知県 愛知郡 男性 66歳 会社員)
  • 細かい所まで注意を払ってお仕事をされているのだと、よく伝わってきます。そう言う意味でも、男性とは違った感覚で靴のお手入れをされているのだろうと、ふと感じました。夢もしっかり持たれ、応援したくなりました。と、同時に、一度は、是非、靴のお手入れをして貰いたいと思いました。(愛知県 長久手市 女性 52歳 無職)
  • 素晴らしい。羨ましい。私の若い頃、何気無く生きてきました。やれる事が見つかり、大変だけれど職人としてやって行く事が見つかり羨ましい限りです。後に続く人が出るとなおさらいいですね。真菜さんは綺麗だしびっくりしました。(愛知県 春日井市 女性 60歳 パート・アルバイト)
  • 河村さんの考える、「忙しい人ほど、靴をきれいに磨いていかなければならない場所へ行くことが多いはず。そうした方々のお役に立てたら嬉しいと思います」、男の私にはグッとくる言葉でしたね。(愛知県 江南市 男性 60歳 会社員)
  • 靴磨きは地味なイメージだったが、職に誇りを持って取り組んでいる人は輝いていると思った。(愛知県 名古屋市 女性 20歳 学生)
  • 靴磨き職人さんを初めて知りました。靴に対して見かけの綺麗さだけでなく、大切に長持ちさせる心遣いに感心しました。(岐阜県 安八郡 男性 44歳 自営業)
  • 今時、なかなか職人になろうと言う若者が少ない中、女性でしかも靴職人という一見地味な仕事なのに、自分の店を持つ夢を持って進んでいるのには頭が下がります。自分もまだまだ頑張らなくてはと思いますね。(愛知県 安城市 男性 55歳 会社員)
  • 靴革の特性を知り、靴を傷めないように緊張しながら靴磨きをし、日々熟練の技を極めようとしている河村さんの姿に心打たれました。また、靴を磨くのみならず、その際のお客さんとのコミュニケーションにも心づかいする川村さんの姿勢は、お客さんとの一期一会を大切にもしている本物の靴磨き職人だなと感じました。(愛知県 豊橋市 男性 54歳 無職)
  • 靴磨きというと、貧しいこどもがする仕事というイメージがあったので、若い女性がしていると知って驚きました。しかも、磨くだけでなく、靴の再生も含んでいる仕事とはまさに職人仕事だと思いました。靴磨きのイメージが完全に覆されました。(石川県 河北郡 女性 42歳 会社員)
  • 靴が汚れていると折角のお気に入りの服を着ていても残念に思う私なので、ついつい人の靴に目が行って靴が綺麗に磨かれているかチェックしてしまいます。靴の手入れに指で行っていることに感動しました。私はネル生地を使っていますが、マネして参考にしたいと思います。靴磨きは夫婦ふたりで並んでやっています。空港にあるのは夢があって素敵だと思いました。(静岡県 浜松市 女性 52歳 専業主婦)
  • 私も現役時代はピカピカに輝いている靴を見るのが好きでまた、心が晴れるので毎週末に靴磨きをしていました。新入社員のころに本当のおしゃれとは良い服を着るのだけではなく足元の靴をみれば分かるといわれ、それ以来高い靴でなくても数足の靴磨きは欠かしませんでした。今は体を壊して革靴を履いて歩くことができなくなりさみしい限りです。しかし、久しぶりに楽しく良い記事を見ました。(愛知県 稲沢市 男性 61歳 無職)
  • 昔は名駅でもたまに靴職人がいたように思いますが最近では見かけたくなった一度も磨いてもらったことがないので磨いてもらいたいと思っている自分の信念があるのでさすが職人だと感じる場所が会社の近くなので一度、行ってみようと思います職人の技と会話を楽しみにしてます(愛知県 稲沢市 男性 46歳 会社員)
  • 周りに流されず、自分の道を極める姿勢に、「かっこいい!」と感心しました。靴磨き職人を初めて知りましたが、女性ならではの目線で、この素敵な職業をどんどん発信していって欲しいと思いました。(三重県 鈴鹿市 女性 23歳 会社員)
  • 河村真菜さんの言葉によれば、「靴磨きは、神経を使う仕事のため、達成感もある。」とのこと。プロとしての意気込みに圧倒されます。 河村さんの技術向上にかける熱意、そして、コミュニケーション力や人間性にも磨きをかけている点に敬意を表します。 将来は空港のラウンジに靴磨きの店を展開したいとのことですね。先々の展望の青写真が出来ていることも素晴らしい。「靴磨き職人」として人のお役に立ちたいという気持ちがひしひしと伝わって来ます。(愛知県 名古屋市 男性 81歳 無職)
  • 人と会う時、まず顔をみて次に靴をみることが多いです。靴がちゃんとメンテナンスされていると、仕事もしっかりしていると信頼できるイメージがあります。(現に当たります)なかなか、忙しくて自分では靴磨きができない時もあり、靴磨き職人さんにお願いすればいいんだなぁと記事を見て思いました。大切な靴を色落ちしてしまった時は、諦めて履かなくなることが多いですが、依頼をすれば長く履けるんですね。素敵な職業だと思いました。ぜひ夢の空港での仕事ができることを願っています。(愛知県 豊田市 男性 49歳 会社員)
  • 若い女性の河村さんが靴磨きの仕事をされていることに驚くと同時にエールを送りたいと思います。靴磨きという技術的なスキル向上を目指すだけでなく、人間力の向上を目指す姿にも嬉しさと共感を覚えます。名古屋駅に河村さんのような信念を持って靴磨きをされていることを紹介して頂きありがとうございます。(愛知県 名古屋市 男性 42歳 会社員)
  • 今の時代クリーニングも靴磨きも、新しいものを買った方が安いと考えられ、なかなか目を向ける人がいないのが現状です。そこに、こだわりをもって活路を開いていくことはなかなかできることではないと思います。靴の状態を第一に考え手でクリームを塗るといったポリシーや、コミュニケーションをすることで客との仲を縮めるといった職人魂には、自分の仕事へのプライドが感じられ、敬服します。利益は少ないでしょうが、自分の道を信じて頑張っていってもらいたいです。(愛知県 岡崎市 男性 75歳 会社員)
  • 職人一筋は並大抵な努力では、やりたいと思っていても続けることはもちろんのこと夢を持つこと自体すごいことだと思います。長年愛着ある靴を何年も履き続けている人にとっては靴職人さんの存在はありがたいと思います。数ヶ月で靴を替えるので物の大切さを考えさせられました。20年30年と日本の歴史、文化を引き継いていただきたいです。(愛知県 江南市 男性 49歳 無職)
  • 自分のやりたい気持ちに正直になり、頑張っている姿に心を打たれました。とても素敵ですね。子どもでも大人でも、何歳でも挑戦する意欲を大切に過ごしたいと感じました。(滋賀県 彦根市 女性 34歳 その他)
  • 指でクリームを塗る作業に驚きました。靴に対する愛着がとても伝わり、靴も体の一部のように大切に扱っている姿は素晴らしいと思います。履きっぱなしの自分の靴にごめんなさい・・・と感じます。今度の休みに久々に磨こうと思います。(愛知県 西尾市 女性 48歳 パート・アルバイト)
  • 最初の出会いが本で、そこから自分の未来のビジョンを作り上げ、さらには行動に移した。というところが素晴らしいと感じました。なかなか自分の道を決めることは勇気がいることで、その道を極めたい。と思うと、さらに時間とパワーが必要だと思いますが、やりたいと思える仕事を見つけ、いきいきとした表情の彼女に、パワーを、分けてもらったような気持ちになりました。今後とも頑張ってください。(愛知県 名古屋市 女性 30歳 専業主婦)
  • 靴磨き職人という職業を知りませんでした。さすが名古屋は都会ですね。でも物を大切にすることは大事で、これはと思う一品を持ちたいですね。私も河村さんに磨いてもらえるような靴を持ち長く大事に使いたいですね。(静岡県 浜松市 女性 56歳 専業主婦)
  • 靴は、私にとってファッションを楽しむためのとても大切なアイテムの一つです。特に職人さんの手によって丁寧に作られた皮靴には憧れます。そんな素敵な靴は、やはり大切に履き、長く使い続けたいものです。でもなかなか自分ではお手入れするのは難しい。そんな時、こんな風に大切に靴やお客さんと向き合い、靴を磨いて下さる方がいてくれたらどんなに心強いだろうと思いました。河村さんのさらなる夢へと向かう姿勢、向上心も素敵です。読んでいて、パワーをいただきました。(愛知県 女性 31歳 無職)

靴磨き stand gakuplus

英国アンティーク家具に囲まれた店内で、職人による靴磨きや靴の水洗い、リカラー、修理などを行っている。オリジナルオーダーシューズも好評。随時シューズの採寸や靴のアドバイスなども実施しているので、お気軽に問い合わせを。
名古屋市中村区名駅4-16-24
名駅前東海ビル207号
電話 052-561-2410
日・祝休(臨時休業あり)
オーナーの佐藤我久さんと河村真菜さん

オーナーの佐藤我久さんと河村真菜さん

私たちは職人女子を応援しています!
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
大阪
曇り一時雨
13 ℃/10 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集