熟練の技に挑む 職人女子

鵜匠 稲山琴美さん

2017/07/20

気軽に声をかけてもらえる鵜匠に

鵜匠 稲山琴美さん
親方に2年ついて修業
手縄さばきに苦心

 小さいころから動物が大好きで、動物飼育専門学校でさまざまなことを学びました。動物と関われる仕事を探しているときに鵜匠の募集を見つけ、「ぜひチャレンジしてみたい」と応募しました。豊富な知識が評価され、親方について2年間修業。今は鵜匠として活躍しています。

 普段は観光協会の仕事と鵜匠を兼務しています。観光協会で事務作業を済ませたあとは、鵜舎で46羽の鵜の世話を行い、昼鵜飼の準備を行います。鵜の健康診断も大事な仕事のひとつです。「鵜の体調をみたり、ケガをしていないかチェックをします。魚を捕るために少し減量させますが、痩せすぎると体調を崩すので気をつけています」。

 鵜飼では鵜舟を前に進める中乗りと、舵を取るとも乗りの3人で舟に乗り込み、8羽の鵜を巧みに操りながら鮎やうぐいなどの魚を捕ります。「8羽もいるので縄が絡まってしまわないように、何度も縄をまっすぐに直します。縄が絡まってしまうと魚を捕まえた鵜を舟に引き上げるときに苦労します」。また鵜が魚を捕らえた瞬間も見逃せません。「魚を飲み込むときは首がわずかに震え、ふくらみます。その瞬間に鵜を舟に引き上げます」。8羽すべての鵜の泳ぎを見ながら手縄をさばき、舟に引き上げるタイミングも図ります。すべてにおいて気が抜けないと話します。

鵜匠 稲山琴美さん

鵜はくちばしが伸びると鋭利になり、魚をはかせるとき鵜匠がケガをすることがあるので、毎回チェックします

お客さんとの距離が近い鵜匠
4艘による艘がらみも目標

 夜の鵜飼ではこうした鵜の扱いに加え、かがり火に薪をくべる作業も行いますが、これも大変な仕事のひとつです。「火の灯りでできる鵜の影に魚が驚いて集まってきたところを鵜が捕まえるのですが、ときどき風にあおられて火の粉が飛んできます。一度まつ毛に火の粉がつき、熱くて大変でしたが、我慢して鵜飼をやり通しました」。ほかにも舟に乗り込む前に鵜匠の道具や衣装について説明する「おもてなし」や、舟の上で行う鵜飼の説明など、お客さんの前で話すことも覚えなくてはなりません。「事前に紙に書いて覚えます。たまに間違えるときもお客さんから温かい笑顔や励ましをいただき、本当に助けられています」。

鵜匠 稲山琴美さん

「鵜の喉には袋があり、そこに捕った魚をとどめておきます」と鵜飼の仕組みをお客さんに説明します

最初は「大変だったらやめよう」と思っていたものの、気がついたら鵜飼の魅力にはまっていたと笑顔を見せます。「やはり鵜が魚を捕ったときは一番楽しいです」。また他の仕事にはないやりがいも感じています。「今まで経験してきた仕事は、私がいなくても穴埋めをしてくれる人がいました。しかし鵜匠になって、自分を観に来てくれるお客さんがいることがとても嬉しいです。『観に来たよ』『あなたが乗船する鵜舟を観られてよかった』といわれると、自分の代わりはいないのだから頑張らなくてはいけないと改めて実感します」。

目標は、みんなから気軽に声をかけてもらえる鵜匠になることです。「鵜匠というと、かまえられてしまいがちですが、お客さんともっと距離が近い鵜匠になって、みなさんに楽しんでもらいたいです」。さらに3艘の舟を4艘に増やして、先輩の鵜匠とともに一斉に鵜飼を行う「艘がらみ」も挑戦してみたいと話します。「今はもう引退しましたが、お世話になった親方に見てもらうことが夢です。そのために頑張っていきます」。

動画でもご覧頂けます

読者からの感想
  • 男性ばかりの中で頑張っていらっしゃる姿に感銘を受けました。鵜匠は舟の上で鵜を操るというのが印象ですが、他にも付随する作業がたくさんあり大変な仕事だと思いました。その中でも笑顔を絶やさず、”やりがいがある”と楽しんでこの仕事をされている稲山さんがとても素敵です。(愛知県 名古屋市 女性 43歳 パート・アルバイト)
  • まだ生で鵜飼を見たことはないのですが、見てみたいです。「動物虐待」という視点で考えてしまいそうな鵜飼ですが、稲山さんの記事を見て、鵜を大切にしていることがよく伝わってきました。女性ならではの細やかな気配り・心配りのできる鵜匠としてのご活躍を期待しております。(愛知県 岡崎市 男性 43歳 自営業)
  • 女性で鵜匠、素晴らしいと思います。これからも頑張って鵜匠の仕事を続けてくださいね。応援しています。(愛知県 稲沢市 女性 63歳 会社員)
  • 男ばかりの職場に一人乗り込んでいくのは、ご本人も周りの方々も大変だったと思います。話を読んで、自分も頑張らなければと励まされるような気持ちになりました(愛知県 名古屋市 女性 53歳 パート・アルバイト)
  • 自分の好きな職業に就いて活躍する若い女性には心から応援したいです。頑張ってね。私もまだまだこれから頑張るからね。(愛知県 名古屋市 女性 58歳 パート・アルバイト)
  • 3年位前かな?彼女が犬山の鵜匠にデビューしたのを聞いて 昼の鵜飼を堪能しました。笑顔が素敵でした。そんな彼女も良い旦那さんと結ばれ 家庭・鵜匠と頑張っておられる事存じます。何時までも、良い妻・鵜匠を続けられる事を祈ります。(岐阜県 岐阜市 女性 70歳 無職)
  • テレビや新聞で以前から稲山さんの活躍は知っておりました。今回職人女子の記事を読み、改めて自分の夢目標に向かって頑張る女性って素敵だなと思いました!犬山出身の私としてはこれからも鵜飼を全国世界へ広めて下さるこのを願います。(愛知県 犬山市 女性 31歳 会社員)
  • 初の女性鵜匠ということで周りからもいろいろな意見があったのではないでしょうか。新聞に記事が載るたびに注目して読んでいます。現在は子どもがいて大変だとは思いますが、ぜひ頑張ってほしいと思います。(岐阜県 各務原市 女性 38歳 公務員)
  • 以前から取り上げられていた稲山さんが本当に鵜飼のお仕事を楽しんで続けていらっしゃると感じました。4月から社会人です。私もやりがいをみつけ、女性として長く働きたいです。(愛知県 江南市 女性 21歳 学生)
  • 鵜飼は一度拝見したことがありますが、簡単にやっているように見えて、技術の習得に何年もかかる大変なお仕事だと伺いました。私は鳥が大好きなので、稲山さんのお気持ちが少し分かるような気がしました。ぜひ稲山さんの鵜飼を見に行きたいです。(三重県 鈴鹿市 女性 24歳 会社員)
  • 8羽の鵜を同時に操りながら鵜飼を行うということにびっくりしました。それぞれの泳ぎや様子を見るために、集中力は欠かせないですね。やりがいを感じながら笑顔で鵜飼をされている様子がとても素敵です。私も見に行きたいと思うのと同時に応援しています。(愛知県 丹羽郡 女性 24歳 パート・アルバイト)
  • テレビでは何度か拝見したことがありますが、いつか実際見たいなぁと思っています。動物を相手にする職業なので簡単ではないと思います。成り手も少ないと思いますので、後継にも伝えて絶やさね様、発展に努めていただきたいと思います。頑張って下さい!(三重県 四日市市 女性 52歳 会社員)
  • 一度も本物の鵜飼を見た事はないですが、稲山さんの記事を読んで、稲山さんの鵜飼を現場で見てみたいなぁと思いました。大変な仕事を続けていく稲山さんを見習って、地味な仕事ですが、私も日々の仕事を頑張っていきたいなと思いました。(愛知県 小牧市 女性 35歳 会社員)
  • 愛知県に住んで 60数年 木曽川の鵜飼は 近くに住みながら一度も行った事がありあせん。今回 鵜匠の稲山琴美さんの記事を読み 大変 興味を持ちました。鵜匠の稲山さんの前向きな考え、素敵な笑顔を 一度 見たいと思います。早速 犬山のホームページで検索 近い内に 家内、子供、孫達を連れて 鵜飼を経験したいと思います。(愛知県 尾張旭市 男性 66歳 無職)
  • 素晴らしい。(愛知県 名古屋市 男性 37歳 会社員)
  • 珍しいと言える鵜匠の仕事に真剣に取り組んでいる姿が、印象的でした。自分の代わりはいないのだから、という自負が素晴らしいです。また、より上を目指して前向きに切磋琢磨する姿勢は、見習うべき点です。(静岡県 磐田市 女性 55歳 専業主婦)
  • 良かった。(三重県 津市 女性 70歳 無職)
  • 女はこれからも強くないと行けません。パワハラなどにも仕事に影響が出る時もあるかと思いますがハッキリと言える勇気も必要です。(愛知県 豊田市 女性 43歳 会社員)
  • 若く美しい女性が、鵜匠という厳しい労働条件の仕事を選んだ理由が、分かった気がしました。純粋に鵜飼いに魅かれ、熟練の鵜匠の様になりたい為に、必死に努力をして考える姿は素晴らしいです。鵜がメインですが闇夜の明かりに照らされた美しい鵜匠さんをぜひ見てみたいです。(愛知県 岡崎市 女性 43歳 パート・アルバイト)
  • 8頭もの鵜を絡まないように操るのは凄いですね。(愛知県 知多郡 男性 52歳 無職)
  • 女性が職人さんとして仕事ができるのは、周りの男性の気配りのすごいと思いました。(愛知県 長久手市 男性 45歳 会社員)
  • よかった(愛知県 半田市 男性 37歳 会社員)
  • ママさん鵜匠として大変でしょうが頑張ってください。長良川鵜飼にはない魅力を犬山鵜飼で見せてください。(岐阜県 可児市 男性 63歳 無職)
  • 2年の修業を終えて女性で鵜匠になるとはすごく頑張りやさんですね。生き物が好きじゃないとできないですね。応援したいです。(愛知県 名古屋市 男性 62歳 無職)
  • 同じ女性として尊敬します。伝統のある職業で素晴らしいです。(愛知県 名古屋市 女性 34歳 会社員)
  • 女性の鵜匠さんの 鵜を操る 柳のようなしなやかさが綺麗で見とれてしまいます。(埼玉県 吉川市市 男性 55歳 会社員)
  • 鵜匠は男性の仕事だと思っていました。鵜のお世話だけでなく、舟の操縦や、薪、接客までやらなければいけないので、とても大変だと思います。鵜飼も見たいですが、女性が鵜匠をしている姿を見るのも楽しみです!女性だからこそ話しやすい、女性だからこそ出来ることあると思います。これからも、がんばってください(愛知県 瀬戸市 女性 42歳 パート・アルバイト)

木曽川うかい

毎年6月1日〜10月15日まで開催。鵜舟のすぐそばまで観覧船が近づくので、鵜の様子がよく見られると評判。船上で食事と鵜飼が楽しめる昼の鵜飼をはじめ、かがり火が幻想的な夜の鵜飼プランがある。夏休みは混み合うので予約状況はHPで確認を。
愛知県犬山市犬山北白山平2番地先
(木曽川観光株式会社)
電話 0568-61-2727
予約受付時間 9:30〜18:00
ホームページ

私たちは職人女子を応援しています!
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
大阪
曇り一時雨
13 ℃/10 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集