熟練の技に挑む 職人女子

木工職人 平澤靖子さん

2018/2/22

ベテラン作家作品に感動し
木工の道を進むことを決意

 子どもの頃から粘土細工や手芸が大好きで、大工の父のもとで木に慣れ親しみながらものづくりを楽しんでいました。本格的に木工職人を目指すきっかけは、近くに住む木工作家の油田陽一朗さんの作品に出会ってからです。イスやテーブルは工場で作られるものだと思っていました。人の手でこんなに美しい家具ができることに感動し、自分も作りたいと思いました。カナダでのワーキングホリデーから帰国後、高山市の木工芸術スクールへ入学して、木工技術の修得に励みました。

 10年前に実家の作業場に工房を開き、現在は医療系の学生が授業で製作するキットなどの小物類を受注、製作しています。こんなものがほしいという要望を聞いて提案し、きちんと形になるように注意を払って作っています。以前ステンドグラス教室からの注文で作品を飾る額を作らせていただいたところ、大変喜ばれました。生徒さんの多くが女性だったので、感性が合ったのだと思います。喜んでもらえると自分自身の大きな励みになります。

昇降盤を使い、箸の先を細くカットする

 大きな機械を使う木工製作は危険も伴います。工房には木材を切断したり、穴を開ける機械を備えています。以前、指に大きなケガをしたことがあります。怖くてやめようかと何度も思いましたが、負けずに頑張ろうと思いました。今は機械の刃から目を離さず、細心の注意を払って仕事をしています。

(上)クスノキなど多彩な木を使った名刺入れ(下)片手が使えない人のための爪切りも製作

オーダーにきちんと応える
木工職人をめざす

 現在は二人の子どもを育てながら自分のペースで製作をしています。家事を済ませてから工房へ行き、夕方まで黙々と作品作りに取り組んでいます。作品ができ上がっていくのを見るのは本当に楽しいです。この仕事をする前は追われるように毎日仕事をしていましたが、今はそれほど追われることもなく、気持ちにゆとりを持って作品づくりに取り組むことができます。

 作品は受注して製作することがほとんどですが、クラフトマーケットに出店するときにはかんざしや名刺入れなどオリジナル作品も作ります。約8年前には近隣の木工作家と一緒に工房めぐりのイベントを開催し、オリジナル作品も多数作って販売しました。作品が完売して、夜中に急いで追加で製作しました。大変でしたが、とても楽しかったです。私が目指すのは、オリジナル作品を次々と生み出す作家ではなく、注文を受けたものをきちんと丁寧に仕上げていく職人です。まだ私はストイックな部分が少なく、本当の職人ではないと思っています。いろいろなオーダーに柔軟に応えられるような職人を目指して日々勉強をしていきたいです。

 目標はこの仕事をずっと続けていくことです。まだ収入が安定しないので、もう少し頑張って仕事をしたいと思っています。木は私たちの暮らしに自然になじんでいるものです。その木を使ってこれからもいい作品を作り、人の役に立って喜ばれるような仕事をしていきたいと思っています。

木工職人 平澤靖子さん2人の子どもを乗せる乳母車もお手製。これで散歩に出かけます
動画でもご覧頂けます

読者からの感想
  • 大きくて重い木や機械を相手にする木工の仕事は男性のものだと思っていましたが、女性が手掛けることで繊細な作品が生まれるのだと思いました。オリジナリティも必要ですが、受注したものをしっかり仕上げるという姿勢に感銘しました。これからも男性に負けない作品を作って頂きたいです。(愛知県名古屋市 女性 44歳 パート・アルバイト)
  • 手作りの木工家具って作った人の真心がこもっていていいですね。現在は二人の子どもを育てながら家事を済ませてから工房へ行き、夕方まで黙々と作品作りに取り組んでいるんですね。私たちの暮らしに自然になじんでいる木を使って、真心のこもった暖かい作品を沢山作ってください。(静岡県袋井市 男性 67歳 会社員)
  • オリジナル作品も魅力的なものと思いますが、注文されたものを期待以上に仕上げるというのが、職人だなぁと感心しました。(愛知県春日井市 男性 43歳 会社員)
  • お父様が大工さんで幼い頃から木工がお好きだったそうですね。身近にあったものを一度離れてみるととても魅力的に感じたのではないのでしょうか。家庭のこともこなしながらお仕事も両立させるのとはとても大変だと思います。今後も温かみのある作品を生み出してください。(愛知県江南市 女性 28歳 パート・アルバイト)
  • 木の暖かさ・温もりを知ることは幸せなことと思います。ましてやそのことを多くの人に知って貰えることは願ってもないことでしょう。他人に喜んで貰えることを天職にできることほど生きがいを感じることはないでしょう。(愛知県豊田市 男性 72歳 無職)
  • 二人のお子さんを育てながら、木工の仕事をされているなんて、素晴らしいですね。一度作品を見せて頂きたいです。でも創作という仕事は、自由に出来るけれど、たくさん作ればいいというものではありません。お子さんが大きくなるまでは、無理をしないでマイペースで仕事を続けて頂きたいです。(愛知県大府市 女性 66歳 パート・アルバイト)
  • お父さんが大工だった事が木工に進んだきっかけですね。女性らしい柔らかさと繊細さが際立つ作品が良いです。今はあまり見なくなった「乳母車」にはその特徴が出ていると感じました。(岐阜県瑞浪市 男性 71歳 無職)
  • 家業の環境を活かして、いい方向に進んでいらっしゃると感じます。海外での修行や、様々な積み重ねが作品に反映されてくると思います。一度、作品を見たくなりました。(愛知県豊橋市 男性 49歳 公務員)
  • 近年、木の温もりを感じる物や、木製の大型家具の需要が、減ってきている事に、改めて考えさせられる一面が有ると、思いました。繊細さが、求められるので、無器用な自分からは、無縁ですが、本当のメードインジャパンブランドが、ここに有るような気がしました。機会が有ったら、間近で手にとりたいと、思いました。(愛知県津島市 男性 37歳 自営業)
  • わたしは、木工が趣味ですので、興味深く、読みました、木そのものの、温かみというのか、そういうところが好き、共感し、共鳴しました、アートでなく、職人技、目指している、そこがまたいい、もっといいのが、日常使いの作品、ぐっと、きましたね。使っているうちに、自分の体の一部になり、ある日ふと、これ作った人、どんな人かなと、思ってもらえる、作品。いいじゃないですか。(愛知県春日井市 男性 69歳 無職)
  • 作品の写真から平澤さんの使う人に寄り添う優しさが感じられて素敵だなと感じました。子育てをしながら、まだまだ職人ではないと努力を重ねる姿に自分の頑張りや苦労などちっぽけでもっと頑張れるはずだと励まされる思いです。(岐阜県岐阜市 女性 36歳 専業主婦)
  • 私の父も元大工さんです。子供の頃は、父の職場に行き、懸命に働く、その姿を見ました。私は看護の道に進みましたが、木工職人になられた平澤さんが、ちょっぴり、羨ましいです。(愛知県名古屋市 女性 54歳 その他)
  • 子供の頃から木に親しみ、いろいろ経験してから木工に帰ってきたのは自然だったのでしょうね。注文を受けたものをきちんと丁寧に仕上げていく職人・・・を目指しているようですが、それも自然にそうなっていく方でしょう。(愛知県豊明市 女性 51歳 パート・アルバイト)
  • 木工職人に憧れがあり、しかも女性で、すごいの一言、私も木に囲まれて、育ち、木をさわり、木の匂い、木のくず、常に木が有りました。木の関係の仕事も考えましたが、周りを見ても、すべてが、男性社会、その中で仕事をして行くのは、大変な苦労もあったことでしょう、それだけに、素晴らしい職人と思います、女性ならではの優し、柔らかい、作品でした、一度作品を見に行きたいと思っております、とても興味深い記事でした。(愛知県半田市 男性 57歳 自営業)
  • 自分の好きなことを職業とし、子どもさんが生まれても働いていられるのは、羨ましい限りです。作品にも暖かさを感じます。(滋賀県東近江市 女性 56歳 専業主婦)
  • ありきたりの家具や椅子にこだわらず 女性目線で 時代にマッチした生活を豊かにする小物にも 基本の伝統の技から進化したアイデアを生かしていろいろな製品を作っていってもらいたいと思いました。(愛知県知多市 女性 58歳 専業主婦)
  • 木工作品には手作りならではのぬくもりが感じられます。お客様の要望にきちんと応えようという真摯な姿勢でひとつひとつの仕事に向き合っている平澤さん。自分の手から作品を生み出せる職人さんはとてもうらやましいです。これからも女性の感性をフルに生かし、作品作りを続けてください。(愛知県豊田市 女性 54歳 パート・アルバイト)
  • 女性の木工職人の作品は優しいですね。片手の不自由な人の爪切りとはビックリ。これからも女性ならではの優しくて暖かい作品を沢山作って下さい。応援しています!!(愛知県名古屋市 女性 67歳 パート・アルバイト)
  • 先ずは、2人のお子様の子育てをしながら仕事に励む姿に感動しました。受注したものを、ひとつひとつ丁寧につくる様子は、心がこもっており、お客様にも喜ばれるのでは、と思いました。大工のお父様から受け継いだ器用さを活かして、今後もご活躍されることを祈っています。けがに注意して、無理をなされないように、頑張って下さい。(愛知県豊川市 女性 46歳 無職)
  • 女性ならではの感性で 多種多様な現代的で伝統を受け継いだ職人として活躍して欲しいと思います。(埼玉県吉川市 男性 56歳 会社員)

1977年三重県津市出身。調理師として働いていた頃に油田陽一朗さんの作品に出会い感銘を受ける。ワーキングホリデーで1年間カナダへ行き、帰国後岐阜県高山市の岐阜県立木工芸術スクールに入学。卒業後伊賀の家具店で修業。10年前に実家の作業場を使って「ZIG木工所」を設立。
ZIG木工所

私たちは職人女子を応援しています!
  • 会員登録
  • ログイン
明日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
東京
曇り一時雨
13 ℃/8 ℃
大阪
曇り一時雨
13 ℃/10 ℃
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集