新食感!ういろうってこんなに・・・!? 2013/4/27

名古屋名産のお菓子として最もポピュラーなのがういろうです。駅や百貨店のみやげ物売り場では、必ず何社かのういろうが並べられています。

ういろうは米粉と砂糖を主原料とする蒸し菓子で、羊かんと同様に棹状のものが一般的。室町時代に中国から伝来し、江戸時代には日本各地に広まりました。

小田原、京都、山口なども産地として知られていますが、名産地としてのネームバリューは名古屋がダントツです。これは名古屋の和菓子屋の経営努力の賜物。戦後の物資不足の中、原料調達に奔走してういろうをはじめとする和菓子に取り組んだ上、全国へ向けて販売。

さらに昭和39年の東海道新幹線開通の際には、青柳ういろうが名古屋みやげとして車内販売されることとなり、一気に名古屋銘菓の評価を全国に広めたのです。

もっちりとした食感、ずっしりとした重量感が特徴で、これが食べ応えやおみやげとして持たせる際の存在感を重視する名古屋人気質にマッチするともいわれます。そんな中、今回はあえて既存のういろうのイメージを覆す新感覚の商品にスポットを当てることにします。

「餅文総本店」の水ういろ1個95円。小豆と抹茶の2種類がある。後は定番の献上ういろ。ハーフサイズ420円〜

まずお薦めするのが「餅文総本店」の水ういろ。同社は江戸初期創業。尾張徳川家2代藩主・徳川光友に使えた陳元贇(ちん・げんぴん)から、初代・餅屋文蔵がういろ(同社は「ういろう」ではなく「ういろ」と表記。以下「ういろ」)の製法を伝授されたのが始まりと伝えられます。

「15代目の社長が“趣味は研究”というくらい探究心旺盛で、過去にはイカ墨ういろやチーズういろなどを商品化したことも。伝統を守りつつういろ業界の先駆者でありたい、そんな精神から生まれたのが水ういろなんです」と石塚慎吾副社長。

かわいらしいひと口サイズの形からしてユニーク。そして、それ以上に面白いのが食感です。「こんなにぷるんぷるんのういろなんて!」とびっくりするほどみずみずしく、それでいて従来からのもっちりした粘りもあり。ういろにつきたてのもちとゼリーをかけ合わせたかのような食感です。

実はこの商品、米粉を使わないのが製法上の一番の特徴。名古屋のういろは米粉を使うのが基本なのですが、その鉄則をあえて破っているのです。こうして独特の食感を獲得し、それでいてういろらしさも失っていないところが、業界きっての老舗だからこそといえるでしょう。

季節商品で販売期間は4月下旬〜8月末。食べる前に1、2時間冷やすとひんやりとした涼感を楽しめます。

熱田区の「餅屋文蔵の店」。直営4店舗では毎月1日を「ういろの日」とし、生ういろが100円引きになる

定番の献上ういろももちろんお薦め。歯ざわりは弾力があってもっちり、舌触りは生地がきめ細かくしっとり滑らか。手づくりの丁寧さが実感できる逸品です。

□ 餅文総本店
餅屋文蔵の店 名古屋市熱田区池内町5−12 052・884・0080、9時〜18時、無休
他、直営3店舗(南区、緑区、天白区)、名古屋駅の東海キヨスク、名鉄百貨店、ジェイアール名古屋タカシマヤ内の銘菓百撰、中部国際空港、県営名古屋空港で販売

「緋毬」のゆららういろ。玉露こしあん600円。後ろのテイクアウト用のおもたせは1個315円

もうひとつ、驚きの新感覚ういろが「緋毬」(ひまり)のゆららういろです。2009年にサカエチカにオープンしたこの店、構えからしておしゃれな和甘味カフェ風ですが、実は「大須ういろ」の新ブランド。そのメイン商品として開発されたのがゆららういろです。

「“スプーンで食べられるういろ”をテーマに試行錯誤を重ねました。従来とは異なる製法を採り入れて、独自のつるんとした食感を実現しました」と緋毬事業部の池戸善仁さん。

「ういろってこんなにおしゃれだったっけ」と意外に思うほど、イートイン用の盛り付けも、テイクアウト用のパッケージも、和菓子というより今どきのスイーツ風。それ以上に意外なのは口に含んだ時の印象。驚くほど柔らかくすっと口の中でとけていきます。ういろ特有の口に残るまったり感とは対極にある口どけのよさは衝撃的です。

さらに驚くのは、食感がまったく異なるのになぜか「確かにういろだ」と実感できること。その秘密は米粉。名古屋のういろの中でも大須ういろは特に米粉の風味を重視していて、ゆららういろにもその特徴が活かされているのです。

さすがは名古屋を代表するういろメーカー。「ういろをあまり食べたことがないという遠来の人や若い世代に食べてもらい、名古屋の文化にふれるきっかけにしてもらいたいんです」(池戸さん)という心意気もあっぱれではありませんか。

和カフェ風の店内。メニューは他にかき氷やぜんざいなど

味は定番の玉露こしあんと黒蜜きなこに、フルーツなどを使った季節商品の3種類。それぞれイートインとテイクアウトがあり、いずれもこの店舗限定。数ある系列店でもネットでも入手はできません。このレア感も、名古屋ならいつでもどこでも買えるというイメージが強いういろの中にあっては非常に希少です。

伝統ある名古屋銘菓として王道を守りつつ進化も果たしているういろ。しばらく食べてないなぁ、という人にこそその新たな魅力にふれていただきたいものです。

□ 緋毬
名古屋市中区栄3-4-6 サカエチカ内、地下鉄栄駅よりすぐ、Tel052・961・6082、10時〜20時、無休

PR情報

記事一覧

最終回・名古屋メシは世界へ羽ばたく!

2年余りにわたった当コラムは今回が最終回。そこで、まとめとして名古屋メシのこれからについて考えていきたいと思います。

2014/12/6

個性派・こだわり派 味噌カツの名店

押しも押されもせぬ名古屋名物、味噌カツ。名古屋メシの肝である豆味噌の魅力と個性を堪能できるという点で、味噌煮込みうどんと並ぶ名古屋メシ東西横綱の一角…

2014/11/30

“味噌煮込み=太い”だけじゃない!太くないけど美味い名店

名古屋名物、味噌煮込みうどん。名古屋ではほとんどのうどん店で食べられます。 その一番の特徴が、太くて固いめん。県外から来て初めて食べた人が“生煮えじゃ…

2014/11/20

名古屋メシならぬ「なごやごはん」は薄味好き!?の名古屋人好み

「名古屋人は薄味が好きなんです!」。 現在、好評開催中の「やっとかめ文化祭」(10月31日〜11月24日)。その「まちなか寺子屋」企画のプログラム「尾張名古…

2014/11/12

純喫茶系名古屋喫茶「明楽時運」&「らんぷ」

名古屋の喫茶店といえば、「コメダ珈琲店」に代表されるモーニングやおつまみなどのおまけサービスや、ボリュームあるフード類をウリにしたサービスてんこ盛り…

2014/10/31

マンガで読む名古屋メシ『まんぷく名古屋』発売

名古屋メシをマンガで読む。ご当地グルメコミックエッセイ『まんぷく名古屋』が発売されました。 全国のご当地グルメをマンガで紹介するKADOKAWAのまんぷくシ…

2014/10/16

なごやめし博覧会の楽しみ方

今年で4回目となる「なごやめし博覧会」が10月6日(月)〜11月16日(日)のおよそ1ヶ月半にわたって開催されます。 “史上最大級の食べ歩きイベント”というキャッ…

2014/10/4

あんかけスパの新鋭店を食べ比べ

名古屋メシのひとつ、あんかけスパゲティ。「スパゲティハウスヨコイ」(栄と錦に2店舗)の初代店主が昭和30年代後半に考案したのが始まりで、今では市内のあち…

2014/9/22

「第2回愛知うどん・きしめんスタンプラリー」が開催!

「第2回愛知うどん・きしめんスタンプラリー」(愛称「愛スタ」)が明日9月13日(土)にスタート。愛スタは昨年7〜今年1月にかけて第1回が開催され、うどんフ…

2014/9/12

名古屋流の苦いコーヒー・758ブレンドが発売

名古屋人は苦いコーヒーがお好き。喫茶店でも、歴史の長い店ほど苦みが強いコーヒーを出す傾向にあります。 そんな名古屋人の嗜好に合わせて開発されたその名…

2014/9/4

プロフィール

17

グルメライター

名古屋メシと中日ドラゴンズをこよなく愛する名古屋在住のフリーライター。

雑誌、新聞、Webなどに名古屋情報を発信する。Webガイドサイト「AllAbout」では名古屋ガイドを務める。

著書に『名古屋の喫茶店』『名古屋の居酒屋』『名古屋メン』の名古屋メシ3部作、『東海珍名所九十九ヶ所巡り』などがある。

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
11 ℃/--
東京
曇り
10 ℃/--
大阪
曇り
10 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集