韓国の民族衣装「韓服」の歴史 2013/5/9

ある年の1月1日、「朴」は韓国の「民族衣装」の姿で名古屋駅の近くのホテルにランチに行った。すると、レストランの前で「着物」姿の女性が「すご〜い〜素敵〜!!」と叫んで、「二人で写真撮りたい〜」と言ったのでツーショット写真を。

2001年に開催された世界美人コンテスト「ミスユニバース2001」で、Miss Korea 「김사랑 キムサランさん」が「最高民族衣装賞」を受賞した。

審査委員会は「韓国の民族衣装の、色・絵画・姿を芸術作品として評価した」との話。美人コンテストでも「韓服」は燦然と輝く。故に今日は、世界的に好評を得るに十分な価値のある「韓服」を皆様にご紹介〜♪

「ミスユニバース2001」で「最高民族衣装賞」を受賞した「Miss Korea 김사랑 キムサランさん」

韓国の民族衣装「韓服 한복 ハンボク」は女性用の「치마・저고리 チマ・チョゴリ」が有名です。「치마 チマ」は下半身の衣服「スカート」の意で、「저고리 チョゴリ」は上半身の衣服の意です。

■ 韓服の美
「チョゴリ」は短い丈や幅の狭い袖が弱々しく上品に感じられ、「チマ」は丈が長く幅が広い豊満なイメージを与え、上・下のアンバランスな比率が全体の安定感と優雅さを増しています。なお、鋭い直線と曲線の流れの調和、そして布地の持つ色彩が美的感覚を引き立て、「チマ・チョゴリ」はまるで蝶の羽を連想させる美しい衣装です。

直線と曲線、布地の色彩が調和された美しい「韓服」

■ 韓服の色
19〜20世紀初頭「朝鮮」を訪れていた西洋人の写した写真には、「白い服」を着ている朝鮮人の姿が多いし、韓民族も「白衣民族」と自称してきました。「喪服」である「白衣」を朝鮮時代の人々がなぜ常時着用していたのかについては諸説があり、明らかではありません。

儒教が重んじられていた当時は、

★ 未婚の娘は(黄衣紅裳)、真紅のチマと黄色のチョゴリ
★ 新婦は(緑衣紅裳)、真紅のチマと黄緑または緑色のチョゴリ
★ 既婚者は(息子がいる場合)、藍色のチマと水色のチョゴリ

などのように、身分や性別、年齢などによって色付きの服の着用に厳しい制限があり、「衣服」と「色」は身分を知る尺度でした。

■ 朝鮮時代の政治の基準になった法典『経国大典 경국대전 キョングクデジョン』には、平民女性の婚礼服に、「青」「赤」「黄」「緑」「白」が用いられ・・・との記載が見られるものの、社会相を知ることのできる「風俗画(浮世絵)」には、「チョゴリ」は「白」、「チマ」は「灰」「録豆」「茶」「薄い水色」などが最も多く描かれていて、私達がよく言う「鮮やかで濃密な彩り」ではなく、「地味で淡い色」の衣服が一般的だったとか。

■ 一方、王室の婚礼服で「チマ・チョゴリ」の上に着用する「圓衫 원삼 ウンサム」を一例として取り上げてみても、皇后は「黄」、王妃は「紅」、嬪宮(王世子の妃)は「紫赤」、姫は「緑」といったように、「色」=「位」で着用者の地位に応じて使い分けされていました。

この中で、一番位の低い「緑」の圓衫は後に平民にも婚礼時に限り許可され、今日の伝統婚礼儀式「幣帛 폐백 ペベク」にまで受け継がれています。

■ 韓国では最近、韓服を「お正月」や「お盆」そして、「一才の誕生日」「婚礼」「還暦」などのフォーマルな場所以外では殆ど着用しなくなってきて、色彩や形などが「両班(貴族)風」で、「パーティ用」に華麗になってきています。 (続く)

英親王の妃 「李方子 이방자 イバンジャ」女史の大紅圓衫

(注) 英親王 : 「李垠 이은 イウン」(1897年〜1970年)
朝鮮国が大韓帝国と改称した年(1897年)に初代皇帝「高宗」の第7男子として生まれ、10才に日本政府の招きで訪日し、学習院、陸軍中央幼年学校を経て、陸軍士官学校で教育を受けた。

1910年(明治43年)日韓併合によって、皇太子となり、日本の皇族に準じる待遇を受け、1920年(大正9年)日本の皇族の「梨本宮守正」王の長女「方子」王女と結婚する。

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
13 ℃/5 ℃
東京
晴れ後曇り
12 ℃/3 ℃
大阪
晴れ後時々曇り
16 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集