三つのコーヒー 2013/6/14

トルコ式コーヒーポットとイブリック

現在、私たちが飲んでいるコーヒーは大きく分けると次の3種類があります。

@焙煎した豆を粉にして、ペーパードリップやエスプレッソなどの抽出器を使って淹れる「レギュラーコーヒー」
【説明】
1454イスラームの国、中東イエメンから始まり、メッカ、メジナを通じてトルコで花開きました。「ターキッシュ・コーヒー」と呼ばれ、いろいろな香料を入れてコーヒーと一緒に煮出し、濾すことなしにその上澄みを飲むコーヒーです。

1545年イスタンブールでは世界初のカフェ、「カフェ・カーネス(コーヒーの家)」が開業しました。その後、エジプトからEU諸国に広まり砂糖、ミルクを入れて飲むようになったといわれています〜。

レギュラーコーヒーに関しては、これからじっくりその生い立ちや、砂糖やミルクなど何も足さない日本独自のコーヒー文化「ブラックコーヒー」の話をしてまいりますので、今回はこの程度にいたします。

A大型機械抽出器で淹れたコーヒー液を、過熱、又はフリーズで乾燥させ粉末にした「インスタントコーヒー(ソリュブルコーヒー)」
【説明】
日本では第2次大戦後、高度経済成長と共に飛躍的に消費を伸ばしたコーヒーです。当時、本格的なレギュラーコーヒーは喫茶店で飲まれ、家庭ではお湯を注ぐだけで出来上がるインスタントコーヒーが多く飲まれていました。

日本ではインスタントコーヒー(即席)と呼ばれていますが、世界的にはソリュブルコーヒー(溶ける)と呼ばれています。始まりは、1899年にアメリカのイリノイ州シカゴに在住していた日本人科学者のカトウ・サトリ博士が、緑茶を即席化する研究途上、コーヒー抽出液を真空乾燥する技術を発明して、1901年にニューヨーク州バッファローで開催されたパンアメリカン博覧会で「ソリュブル・コーヒー」(可溶性コーヒー)と名づけて発表したのが始まりといわれています。

特許を申請しなかったために正式には認められていませんが、インスタントコーヒーの発明者が日本人だったということには驚かせられますね。

日本初の缶コーヒー「ミラコーヒー」・・・学芸員のひとりごとより抜粋

B大型機械抽出器で淹れたレギュラーコーヒーを缶に詰めて製品にした「缶コーヒー」
【説明】 (出典)ウィキペディア
1965年9月14日、 島根県浜田市出身の三浦義武が日本橋三越で販売した『ミラ・コーヒー』が世界初の缶コーヒーといわれています。200g入り缶80円。砂糖入りミルクなしで、1968年まで約3年間に渡って関西を中心に販売されたそうです。

三浦義武は作家であった三浦浩の実父にあたる人物で、司馬遼太郎や小島政二郎のエッセイにも、缶コーヒー販売の記述にも書かれているそうです。当時、浜田市で盛んだった製缶技術を利用して製造されたもので、半年後に開缶しても濁らず沈殿することがなかったそうです。

しかし、人気にはならず間もなく生産を中止しました。その後、本格的に販売したのは、1969年(昭和44年) 上島珈琲本社(現:UCC上島珈琲)が、瓶詰のコーヒー牛乳にヒントを得てミルク入り缶コーヒー『UCCコーヒー ミルク入り』を発売し、自動販売機の設置の増加も相まって、どこでも手軽にコーヒーを飲むことができるようになり人気となりました。

近年、コンビニを中心に様々な缶コーヒーが売られています。モーニング000などといわれ、朝専用・・?? 夜飲んだらどうなんだ!…といいたくなるような訳の分からない宣伝文句のコーヒーが多く発売されています。

私たち珈琲屋といたしましては、「こんなのコーヒーではない!」といいたいところですが、しかし、着実に販売を伸ばしている現実を無視するわけにはいきませんね。販売が伸びている理由が必ずあるのですから。

…などが現在日本で飲まれているコーヒー飲料ですが、まさに百花繚乱!自分のライフスタイルに合わせ楽しむことができる時代になったと申しましょうか・・・?

何でもありの時代になりましたが、何でもよいというものではない気がいたします。私は、どれも否定するものではありませんが、すべてを肯定するものでもありません。コーヒーを食文化(安全で美味しい、ホッとする癒しの時など)として捉えた場合、あなたは・・・

インスタントコーヒー文化?
缶コーヒー文化?
レギュラーコーヒー文化?

PR情報

記事一覧

素敵な珈琲屋訪問

いつもありがとうございます。 東海地区は昔から喫茶文化の盛況な地域で、特に名古屋や三河、岐阜などは全国でも喫茶店の数の多い地域としても、モーニングの…

2019/3/20

トルココーヒーと占い

いつもありがとうございます。 旧正月も過ぎ、初春をお慶び申し上げます。 一年に春夏秋冬があるように、一か月にも、一週間にも、一日の中にも季節のような浮…

2019/2/20

四季の珈琲

明けましておめでとうございます! 今年は今までにもまして珈琲と真摯に向き合い、自分の時間をすべて珈琲に捧げる所存です。本年もよろしくお願い申し上げま…

2019/1/8

コーヒーのカッピング

いつもありがとうございます。 5月にオークションで落札したCOE(カップオブエキセレント)コーヒーが2種類入荷しました。 @ 「エルサルバドル・ロス・…

2018/12/19

COEコーヒーのオークション

いつもありがとうございます。 ようやく、春に世界オークションで落札したCOE(カップ・オブ・エキセレンス)コーヒーが入荷しました。エルサルバドルのC…

2018/11/22

「モカに始まり」、「珈琲屋」出版記念講演会

いつもありがとうございます。 東京国際展示場(東京ビッグサイト)で行われた「SCAJ ワールド スペシャルティコーヒー カンファレンス アンド エキシビション…

2018/10/24

10月1日はコーヒーの日

いつもありがとうございます。今年の夏は異常に暑い日が続き体調管理が大変でした。9月の声を聴きようやく秋らしくなって参りました。空気が乾燥して朝晩が冷…

2018/9/23

新刊「モカに始まり」と「珈琲屋」

いつもありがとうございます。今回は、最近新しく出版された珈琲本をご紹介します。 まずは、昨年末にクラウドファンディングで手の間文庫から刊行された「モ…

2018/8/24

「庭と珈琲講座」を終えて

いつもありがとうございます。 2月から2か月おきに3回、瑞浪市のお花屋「四季彩」さんの企画で「暮らしの中で楽しむコーヒー」を開催しました。以前ブログで…

2018/7/25

カフェインとカフェインレスの効用学講座・・岡希太郎

いつもありがとうございます。 5月28,29日に待夢珈琲店と名古屋栄中日文化センター教室で、東京薬科大学名誉教授の岡希太郎さんお招きして「カフェインとカフ…

2018/6/24

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
18 ℃/--
東京
曇りのち晴れ
15 ℃/--
大阪
晴れ
17 ℃/--
  • 東名, 名神, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集