【手相占い】恋愛が上手くいくか分かる「4つ」のポイント 2013/7/6

★恋愛に神経を使い過ぎ?

---------------------------------------------------------------
以下図1のように感情線に島(レンズ状の相)があると、愛情関係でトラブルがあり、悩みが重く精神にも悪い影響があることを示します。

図1 島

愛情に関して、神経を使い過ぎなのです。あまり深刻に考えないようにしましょう。


★そもそも男運が悪い?

---------------------------------------------------------------
下の図2のように、横線(障害線)が感情線を横切っている相が、有名な「男難、女難の相」です。

図2 障害線

昔はモテすぎて困ると言われていましたが、現在ではそういう意味ではなく、恋愛に関して運が悪いことを意味します。

モテないとか、出会いがないのではなく、恋人がいる人ばかりを好きになってしまうとか、好きになった異性が職場や学校などから、やめたり、異動したり、転校したりしていなくなるとか、あるいは好きでもない異性に好意を寄せられるが、好きな異性には嫌われてしまう、というような恋愛についていないことやタイミングが悪いことが多いようです。恋愛のチャンスは多いが、良い異性との縁が少ないとも言うことができます。

★悲しい別れが多いのは…

---------------------------------------------------------------
下の図3のように、感情線が切れていたり

図3 切れ目

下の図4のように、段違いになっているのは愛情破綻の相です。

図4 段違い感情線

悲しい別れが多いということです。恋愛だけでなく、家族関係、友達関係など、広い意味の愛情関係です。

普通の人より、悲しい別れが多いことを示します。本人のわがままが原因です。相手に対する愛情が強過ぎて、独占欲が出てつい束縛し、相手に嫌われてしいます。相手のことを理性的に考えてあげて下さい。

★楽しい恋愛ができる手相

---------------------------------------------------------------

図4の段違い部分が、下の図5のように重なると、準二重感情線になります。愛情破綻の意味がなくなり、二重感情線の傾向が出てきます。

図5 準二重感情線

次の図6のように感情線が二本あるのが典型的な二重感情線で、愛情に関して幸運です。この相はたいへん珍しくて、出現率が低いですね。

図6 二重感情線

一般的に愛情を持つと、楽しいこと、嬉しいことが多いですが、悲しいこと、辛いことも多いですよね。二重感情線のある人は、楽しいことが多い愛情生活、愛情行動をし、幸福な愛情経験を多く持ちます。さらに、逆境に強いと言われています。災害の時など、独特な強さを発揮し、自分自身のみでなく、周りの人を積極的に救助するような行動を起こします。

★最後に結婚について

---------------------------------------------------------------
結婚時期は、小指の付根の線と感情線の間にある結婚線の位置で示されます。真ん中にある場合は、平均結婚年齢(女性29歳、男性31歳)で、図6の結婚線は、上の感情線からすると、真ん中にあるので、平均結婚年齢ですが、下の感情線を基準にすると、真ん中より上にあるので晩婚です。

それで、上の感情線と下の感情線のどちらか長い方で判定する方法もあります。(図6は上の感情線が長いので、平均結婚年齢)(【手相の話題7】「結婚線」の位置で結婚の年齢がズバリ分かる!参照)

しかし、様々な二重感情線があるので、このように簡単にはいかないことが多いです。それで結婚年齢はもう一方の結婚線で見ます。両手とも二重感情線の場合は、他の線(運命線生命線など)で見ますが、それらの線でも示されていない場合は、「結婚年齢不明」という判断をします。

【結婚関連記事】-------------------------------------------
「結婚線」の位置で結婚年齢がズバリ分かる!
結婚前に要確認!「別居結婚の相」はある?
女性必見!不幸な結婚は「感情線」で回避せよ
「結婚線」が2本あると2回結婚する?
-------------------------------------------------------------

PR情報

記事一覧

【手相の話題50】才能豊かで個性的!レア手相「二重知能線」A

前回記事【手相の話題49】才能豊かで個性的!レア手相「二重知能線」続き 1. 二重知能線に近い線 図1のように生命線が段差になっている場合、これは2本の知能…

2013/8/9

【手相の話題49】才能豊かで個性的!レア手相「二重知能線」

1. 起点により三種に分類 知能線は、図1のようにその起点(始点)から三種に分類されます。図1の人差し指の根元と中指の根元の中間から、手のアウトラインに平…

2013/7/27

【手相の話題48】病気になる歳と期間が分かる「生命線」の形を確認しよう

1. 生命線の異常(長期間の病気) 図1のように生命線に色々な異常線がある場合があります。それぞれ(1)切れ目、(2)島、(3)波線、ギザギザ線、(4)鎖状線…

2013/7/16

【手相占い】恋愛が上手くいくか分かる「4つ」のポイント

★恋愛に神経を使い過ぎ?--------------------------------------------------------------- 以下図1のように感情線に島(レンズ状の相)があると、愛情関係で…

2013/7/6

【手相の話題46】手相を占う際のポイントと注意点

1. 他者占いの手の握り方 図1のように、客の手の下から両手で客の手を包むようにして握ります。 そして皮膚や肉を寄せたり、伸ばしたりして、細かい線を見やす…

2013/6/25

【手相の話題45】ちから教授の運命を変えるコトバ集

1.ちから教授のコトバ ボクは折に触れて、ためになる(と思われる)「コトバ」を考えてきました。加藤式実践占術の目標の1つは占いによって、相手に親身なアド…

2013/6/15

【手相の話題44】女性必見!不幸な結婚は「感情線」で回避せよ

1.感情線 愛情に溺れやすく、情熱的過ぎて、不幸な結婚する傾向の強い手相を紹介します。早めに知って、危険を避けましょう。 図1(1)のように、感情線が長…

2013/6/5

【手相の話題43】あなたの恋愛運をアップする方法「ラッキーポーズ2」

1.愛情運とは? 今回の話は、対異性との愛情を念頭にしてお話しますが、親子、夫婦間の愛情にも関係があります。愛情運がよいというのは、「異性との縁が多い」…

2013/5/23

【手相の話題42】手相開運法(3面作戦の具体例)

1.運命と運勢 開運に関して、運命と運勢とがあります。運命の開運とは、人生の長いスパンで考えるもので、運勢の開運とは日常生活にそのまま関係があります。「…

2013/5/11

【手相の話題41】手相開運法(3面作戦)

1.三面作戦とは? 運命とは切り開くもので、運勢とは幸運を呼び込み、不運を克服するものです。宿命は変えられないものです。変えられること、変えられないこと…

2013/5/1

プロフィール

19

略歴/1947(昭和22)年、愛知県瀬戸市生まれ(深川小、本山中、瀬戸高)出身の「せとっこ」、瀬戸市在住。阪大院修士課程、博士課程(英語学講座)修了後、愛知工業大講師、助教授。

1987(昭和62)年、椙山女学園大教授。2017(平成29)年、同大名誉教授。

中日文化センター占い講師。マジック講師。また運命学評論家、コトバ評論家、若者生態評論家として、「ホンマでっか」(フジテレビ)などテレビ、ラジオ300回以上出演、講演200回以上。また平成1998(平成10)年、日本初、大学の正式課目として運命学を開講。

加藤式実践占術学会会長。死語の概念を確立。「コトバ生態学」を構築。造語「ケーチュー(携帯電話依存症、携帯電話中毒、Keichu)」が新語として定着。「スマチュー(スマートフォン中毒)を提案。

著書/『英語と日本語と英語教育と』『大学教養英文法』『大学英作文のエッセンス』『新英語学辞典』『女子大生の内緒話』『世紀末死語事典』『日本語七変化』『運命学』『フシギことば学』『日本語発掘〜和語の世界』『ちから教授のコトバ学』『最新若者言葉事典』『天地がひっくり返るおはなし』『女子大生の不平不満話』『女子大占い軍団とちから教授による 楽しい手相』『ちから教授の この道 我がみち』『ちから教授のコトバ生態学』『ちから教授退職記念号 究極死語事典』など67冊。

ピックアップ

  • サンタ休んでマス
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
曇り時々晴れ
11 ℃/--
東京
曇り
10 ℃/--
大阪
曇り
10 ℃/--
  • 東名, 名神, 東名阪道, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集