韓国の「ソバの花祝祭」に行ってみてね!! 2013/7/18

北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)の地政学上の大自然は人に厳しい。

韓半島(朝鮮半島)北部を占めている北朝鮮の国土の約5分の1は山地。山地の土壌は有機物が不足し、荒れ果ててしまった不毛の地で禿山が多い。平地は少なく陸の平均標高は440m、農業に適した土地は限られているらしい。

殆ど大陸性寒冷気候で、寒くて長い冬が5カ月程続き、地域によっては気温が−43℃〜−47℃を記録したこともあったとか!!

北朝鮮に位置する「금강산 クムカンサン 金剛山」

「ソバ」は寒さ厳しい地域、痩せた土壌、雨の少ない乾燥した土地でも容易に育つ。しかも、病虫害にも強く、成長も早いので種蒔きをしてから2〜3ヶ月程度で成熟する。韓半島の農民達は、地理的な条件等からお米を作れなかったり、天候異変などで農作物の収穫が少ない際の救荒作物としてソバを植えてきた。

現在「ソバ」や「麦」などは優れたダイエット・健康食品でやや高値ですが、昔は主要穀物よりも安価に流通していました。お米が欠乏する貧しい家、食物の事情が悪化する春の端境期に食べていたこともあって、どうしても「ソバとムギ」=「貧しい」イメージが強いんだけど……

日本の代表的なソバ産地は北海道で、信州蕎麦も有名ですが、韓半島における有名なソバの産地はほとんど「北朝鮮」に多く分布しています。韓国で夏に大人気の「平壌ピョンヤン」冷麺、「咸興ハムン」冷麺も北朝鮮にある「地名」から名づけられた北朝鮮の食べ物です。

韓国側においては山岳地帯の多い江原道の「평창 ピョンチャン 平昌」が「ソバ」の産地として知られています。ソバの本場「평창군 平昌郡 봉평면 ポンピョンミョン 蓬坪面」は、韓国の代表的な短編小説『ソバの花咲く頃』の作家「이효석 イヒョソク 李孝石」の出身地。

真っ白なソバ畑がどこまでも続く高原。月光の下、ソバ畑の水車小屋で、ある女性と生涯たった1回結ばれた思い出を美しく描いた作品の舞台になっている「蓬坪面」。ここでは、ソバの花が満開する9月になると毎年「孝石文化祭(ソバの花祝祭)」が開かれます。(秋の旅を予定していらっしゃる方にお勧めですよ〜♪)

毎年「孝石文化祭(ソバの花祝祭)」が開かれる「平昌郡蓬坪面」のソバ畑

ソバの豊富な地域「江原道」では、ソバを利用した料理が発達し、「막국수マックッス蕎麦冷麺」だけではなく、「そばチヂミ」「そば煎餅」「そばムク」などにして食べますが、「朴」の好物は「そばムク(메밀묵 メミルムク)」です。

「묵 ムク」とは、ドングリ・ソバ・緑豆などを石臼でひき、その沈殿物を煮て固めた韓国固有のゼリー(?)です。「메밀묵 メミルムク」とは「메밀 メミル(ソバ)」で作った「ムク 묵」のこと。コンニャクのような色をしている塊で、木綿豆腐みたいに柔らかい。見た目はところてんに近いけれど、それともまた違う。「メミルムク」って日本にはないのかなあ……「ソバ豆腐」と言っておこうか?

短期作物であるソバは、地域によって6-7月の下旬に種を播いて、8-9月初秋に開花、10月頃収穫します。

「메밀묵 メミルムク」は、ソバの収穫期である10月以降、主にキムチや豚肉を炒めたものに、湯通ししたムクを醤油・ゴマ油などで和えてから添え、海苔を塗して食べます。野菜の美味しい季節、夏になりますと、一味唐辛子・醤油・胡麻油・酢・砂糖などで沢山の野菜と和えてサラダ感覚で食べる庶民的な伝統料理です。「봉평 蓬坪」の「메밀묵 メミルムク」は、皮を剝かず、ソバ100%で作るので、香ばしくて美味しいですよ。

「메밀묵 무침 メミルムクの和えもの」

韓国ではソバ料理は夏に大人気!冷麺専門店では冬にも出している食堂もありますが、夏の間しか出さないお店が殆ど。

しかし、ソバの収穫時期は10月からなので、ソバ独特の香りが消え、味が最も悪くなるのが夏です。冷麺にかける「동치미 トンチミ(大根の水キムチ)」の汁がもっとも美味しい時期も冬なので、ソバを主材料とする冷麺は、本来は寒い冬に暖かい「オンドル部屋(床暖房)」で食べる料理であったと言われています。日本に「夏の蕎麦は犬も食べない」という言葉ありますよね〜。

「東ソウル バスターミナル」から「장평 チャンピョン」まで(道路が混んでいなければ)所要時間2時間程、「장평 チャンピョン」から「봉평 ポンピョン 蓬坪」まで市内バスで約10分。

皆さん、「孝石文化祭(ソバの花祝祭)」に行ってみてね!!「메밀묵 メミルムク」も味わってね〜♪ (続く)

PR情報

記事一覧

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【中編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】 「朴家」難題山積み。で、昨年の12月27日から今年の1月4日まで「9日間」緊急一時帰国してい…

2019/5/14

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その4〜【前編】

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜 前回の「負け組女性」に求められた結婚の重要な条件に続き、今回からは「勝ち組女性」に求められた…

2019/4/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その3〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜 大昔、読んだエッセイにこんな一文があった。 「★ 牛の労働力は人間の10倍 ★」 軽い衝撃だったの…

2018/11/6

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その2〜

前回記事韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜 高尚な「両班(ヤンバン)☆支配階級」の気高い「★ 美意識 ★」から話を変え、今回は「常民 ☆ 被支配…

2018/10/3

韓国って「内面」より「顔」が大事?!〜その1〜

「朴」は今から凡そ30年前である1988年に来日しましたが、来日後しばらく「朴の姉(次女)」の家に居候していました。そのとある日、姉の友人「Pさん(女)」…

2018/8/22

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い 〜その1+その2〜【結び編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】 皆さん!目を閉じてみて下さい。それから考えてみて下さい。この地球には浜辺の砂の数ほ…

2018/6/13

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】 2016年3月30日(木)から4月5日(火)まで「5泊6日」で一時帰国していました。ソウルでは…

2018/5/5

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【中編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】 ある年の夏休みに、韓国で勤めていた頃の「ボス」の「秘書官」が「朴」に会いに名古屋ま…

2018/3/31

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その2〜【前編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】 「朴」には、 ≪あの人、どうしてるかな〜≫ と、ずっと忘れられない人が「☆☆さん」以外に…

2018/2/24

不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【後編】

前回記事不思議なご縁の話、ある韓国人との出会い〜その1〜【中編】 「朴」は、1979年に韓国の「大統領」が「中央情報部部長」に「射殺」された「★10・26事件★…

2018/1/31

プロフィール

19

達人に質問をする

韓国語講師

韓国ソウル出身。韓国国会事務局退職後、1988年来日。大学で高等学校教諭1種免許(国語)取得。大学院で日本文化専攻。

名古屋市の官公庁などの翻訳・通訳人として活躍後、大学や名古屋市内の生涯学習センターなどで「コリア文化」に関する講座を担当。

現在は愛知大学、中京大学、中日文化センター、愛知大学オープンカレッジなどで韓国語講師をつとめる。

ピックアップ

  • 中日ボイス『会社の忘年会、あなたは出る?出ない?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
晴れ
14 ℃/--
東京
晴れ
12 ℃/--
大阪
曇りのち晴れ
13 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集