名古屋場所プラス部屋

土俵のウラオモテ どすこい日記2013

呼出と冷や汗の櫓体験 2013/7/16

結びの一番で呼び上げる立呼出の秀男さん

「ひが〜し〜白鵬。に〜し〜千代大龍」。たっつけ袴に白い扇をさっと広げ、土俵上から名調子で力士を呼び上げる呼出。今回は場所中、土俵を脇で支える呼出の1日を紹介します。

早朝にシートをはがします

連日大歓声に包まれる土俵。朝7時30分から準備を始めます。若い呼出10人で土俵上を覆ったシートをはがし、土俵をほうきで掃き清めます。俵をビールの空き瓶でトントンたたいて入念に形を整えます。固くて持ちやすいとの理由で、瓶は「アサヒビール」を使っているそうです。

太鼓を上まで引き上げます

場所中、その日の相撲の取組が始まるのを知らせる「一番太鼓」。8時15分から30分間、呼出2人が愛知県体育館東門の櫓の上で叩きます。
今回、筆者も高さ約13メートルの櫓に登り、寄せ太鼓をすぐ隣で聞いてみました。そったはしごは足でギュッと踏むたびにグラリ揺れ、必死にしがみつきながら進みます。行動を共にした入門9年目の呼出・耕平さんは「自分も含め何十年もこの櫓に登ってますが、よく事故にならないなと感心します。これも職人の技ですね」と平気な顔で登ります。高さ13メートルの頂上に登ってみると、高さで怖いというより不安定さにびくつきます。しかも横にはつかまるものは何もありません。強風が吹いたらそうなることやら・・・

櫓で一番太鼓を叩く呼出の竜さん(左)と耕平さん

櫓から名古屋城を見渡し深呼吸をすると少しは落ち着きも。
恐怖に慣れ、上から写真を撮ろうと立ち上がると足が「ガクガク」。さすがに断念し、一番太鼓に素直に耳を傾けます。
呼出2人の一番太鼓のハーモニーが響き、「ドンとドンドン、ドンとドンドン」。まるで「もっと来い来い、もっと来い来い」と叫んでいるような音色。入門2年目から太鼓を叩いている耕平さんは「場所の間でみんなで集まって何時間も練習するので上達は速いですよ」。
弾んだリズムの30分間。恐怖から爽快感に変わり、櫓の呼出2人と不思議な連帯感が生まれました。帰りは櫓からスイスイと降り、「また登ってもいいかな」とやみつきになりそうです。

翌日の土俵用に砂こしもします

土俵での呼出の仕事は多岐にわたります。力士の呼び上げる順番は偶数日が「東から西」、奇数日は「西から東」となっています。呼び上げた瞬間、館内の視線を一身に浴び、呼出冥利につきます。

土俵上をきれいに掃きます

取組の合間に土俵を掃き、水をやり、次の取組に備えます。
土俵下の審判や力士の座布団、十両以上になると関取の名前入り座布団を用意します。

取組前に力士からタオルを受け取ります

力士に水をつけたり、不戦勝や懸賞金の垂れ幕もすべて呼出が持ちます。西の花道でいつでも出動できるよう待機します。

懸賞金の垂れ幕を持って土俵を1周します

「カンカン」と拍子木を鳴らし、土俵の進行を知らせるのも重要な仕事です。十両、幕内の土俵入りを先導することは知られていますが、力士の支度部屋で「もうすぐ土俵入り」と告げる拍子木も鳴らします。

支度部屋で拍子木を鳴らす竜さん

膨大な仕事量にもかかわらず、ひょうひょうとこなす呼出たち。華やかな土俵の裏側で大相撲の伝統を受け継ぎ、土俵のいまを見守ります。

PR情報

記事一覧

戦いのあとの静けさ

暑かった熱かった名古屋場所もとうとう終わり、この「どすこい日記」も最終回となります。 稀勢の里の綱とり、白鵬の連勝記録、新十両の遠藤とエジプト出身の…

2013/7/24

行司は土俵のディレクター

「はっけよい、残った、残った」。きらびやかな装束をまとい軍配をかざし、土俵上の裁きをする行司。今回は前回の呼出と同じように、土俵上だけでなく外でも多…

2013/7/19

呼出と冷や汗の櫓体験

「ひが〜し〜白鵬。に〜し〜千代大龍」。たっつけ袴に白い扇をさっと広げ、土俵上から名調子で力士を呼び上げる呼出。今回は場所中、土俵を脇で支える呼出の1…

2013/7/16

取組ネット配信はスピードが命

場所中は名古屋場所を支える裏方さんの現場を追いかけます。今回は日本相撲協会公式サイトや本場所の取組映像をネット配信している舞台裏です。 相撲協会は…

2013/7/12

初日はゆかたデー!注目の3力士好発進

名古屋場所が初日を迎え、綱とりで注目の大関稀勢の里は前頭筆頭の豪風を押し出しで破り好発進しました。30連勝中の横綱白鵬は小結時天空を寄り切り、名古屋…

2013/7/7

舞台づくりの全貌を動画で紹介します

館内を覆う赤いじゅうたん。約5800人を収容する愛知県体育館のマス席はどのように作られるのでしょうか。 6月24日から1日8時間ほどかけ10日間。大…

2013/7/6

暑かった土俵祭り!土俵づくりの動画を公開

いよいよ、あすから名古屋場所が始まります。初日を前に、土俵に神様をお迎えし、15日間の土俵の安泰を祈願する土俵祭りが愛知県体育館で行われました。 (…

2013/7/5

宿舎訪問最終回 大砂嵐「ラマダンはダイジョウブ」

朝稽古訪問の最終日は話題のエジプト人関取大砂嵐がいる大嶽部屋です。愛知県稲沢市のちゃんこ料理店「嗣志鵬(ししほう)」駐車場に設けられた土俵で、力士た…

2013/7/4

貴乃花部屋に2組の双子力士

朝稽古訪問5日目は三重県桑名市に宿舎をかまえる貴乃花部屋です。貴乃花親方は22回の優勝を誇る「平成の大横綱」。平成15年に引退してから今年で10年に…

2013/7/4

入間川部屋宿舎は親方の実家

朝稽古訪問4日目は名古屋市港区に宿舎をかまえる入間川部屋です。宿舎に隣接する有限会社後藤クレーンは元関脇栃司の入間川親方の実家で、平成5年に部屋を設…

2013/7/2

1〜10 / 18件 次の10件

プロフィール

41

輪島の「黄金の左」に魅せられ大相撲観戦歴40年、大相撲紙面?づくり歴10年のアラフォー相撲記者です。

相撲好きがこうじて名古屋場所を盛り上げるべく、場所中は奮闘します。直径4.55メートルの小さな円の中で大男がぶつかりあい、ルールもシンプル。1400年の長い歴史を継承する大相撲の魅力とは。相撲人気復活に求められる個性派力士や裏方として支える部屋の姿を追いかけます。


★大相撲名古屋場所
平成25年7月7日(日)〜21日(日)
愛知県体育館

当日券は、中日新聞プラスオンラインチケットサービスで好評販売中です。

月別アーカイブ

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(11:00発表)
名古屋
曇り
19 ℃/--
東京
晴れ時々曇り
23 ℃/--
大阪
曇り
21 ℃/--
  • 東名で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。
  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集