リニア・鉄道館に行こう(8) “ワイドビュー”の先駆車クロ381 11 2013/9/7

JR東海の在来線特急用車両は、“ワイドビュー”が代名詞となっています。

キハ85系 ワイドビューひだ・ワイドビュー南紀
383系 ワイドビューしなの
373系 ワイドビューふじかわ・ワイドビュー伊那路

と、いまや全てに“ワイドビュー”の冠がついているのです。文字どおり、車窓を眺めるのに適した、広い視野を誇る車両を使用していることから名づけられました。

その“ワイドビュー”の誕生は、1988(昭和63)年12月に新製されたキハ85系で、翌年から「ワイドビューひだ」として活躍を始めます。同車の完成度は高く、2013(平成25)年となったいまでも見劣りすることなく第一線で活躍していることは、皆さんご存知の通りです。その完成度を高めたのは、クロ381 10番台という先駆車が存在したお陰でした。

リニア・鉄道館に保存されている クロ381 11

クロ381 10番台は、サロ381という編成中間に連結されていたグリーン車を先頭車化改造したものです。

1987(昭和62)4月1日に国鉄が分割民営化して、JR東海が誕生しました。そのほぼ一年後となる1988(昭和63)年3月13日のダイヤ改正で、特急「しなの」を1日10往復から16往復へと大増発しました。

中央高速道路に対抗するための施策でしたが、その際、編成数を確保するため、9両編成を6両編成としました。その6両編成としたうちの3編成に、このクロ381 10番台を投入して「しなの」増発をアピールしたのです。

「パノラマ車」と呼ばれる、前面展望と大きな側面ガラスを売りにしたグリーン車両で、一日4往復の「しなの」に充当されました。そのトップナンバーが、リニア・鉄道館に保存されているクロ381 11です。種車はサロ381 6でした。

前面展望ができるパノラマ車の内部

パノラマ車は前頭部を流線形とし、大きな曲面ガラスを採用した鋼製です。その後部に客室がありますが、ここからはアルミ製車体となっています。運転席の床面は高床式をやめ、客室と同じ高さとしたうえで、仕切をガラス張りにしています。これと前頭部の曲面ガラスのおかげで、前面展望ができるようになったわけです。

さらに、パノラマ席の窓は、下辺を改造前と同じ高さとしながらも、上辺を180mmも上げた大きなガラス窓としました。それも、外見では連続窓となっています。床面も、JR東海としては初めて、150mm上げたハイデッカー構造としました。これらによって、車窓の視野拡大を図ることができたわけです。

ハイデッカー構造となっているパノラマ部の床面

クロ381 10番台のパノラマ席は3列12席です。通常、車掌室は運転室を兼ねた車端にありますが、前面展望を確保するために車掌室はパノラマ部の後方に設け、続けて出入口も設けました。一般グリーン席は、この車掌室と出入口の後方に位置しています。これらの改造は、JR東海の名古屋工場で行いましたので、パノラマ席後方の壁には、

東海旅客鉄道株式会社
名古屋工場
昭和63年 改造

の銘板が取り付けられています。さて、ここまでに記してきた、
 
・大きな連続窓
・ハイデッカー構造

を全面的に採用したのが、同年末に登場したキハ85系でした。JR東海が同車に名づけた呼称が“ワイドビュー”ということは、冒頭に記したとおりです。これで、クロ381 10番台が“ワイドビュー”の先駆車だということを、ご理解いただけると思います。

この見どころ一杯のクロ381 11ですが、リニア・鉄道館で行われている「秋の特別体験」のガイドツアーのうち、10月9日(水)〜28日(月)には車内を見学することができます。通常は正面から外観を見られるだけですので、この機会に“ワイドビューの先駆車”をじっくりと観察し、その特徴を確認されてはいかがでしょう。

なお、ガイドツアーでは、キハ85系登場まで高山線と紀勢線で活躍した、気動車特急キハ80系の先頭車であるキハ82 73の車内見学もできます。詳しくは、リニア・鉄道館のサイトをご覧下さい。

PR情報

記事一覧

長良川鉄道の文化財を川風号で巡り、お酒も楽しむツアー

筆者が名鉄観光と組んで行う鉄道ツアーが、今年から本格催行されています。 昨年、旧国鉄バスの始祖となる省営バス岡多線の走った跡をたどり、そのバスが保存…

2020/2/20

エヴァンゲリオン特別仕様ミュースカイが知多半田へ!

1月16日付で「エヴァンゲリオンが名鉄線を駆け抜ける!」と題した一文を記しました。 過去記事:エヴァンゲリオンが名鉄線を駆け抜ける! エヴァンゲリオン中…

2020/2/13

今も残る犬山モノレール跡 廃線跡探訪(10)

上の写真をひと目みて、モノレールが走っていた頃の犬山遊園駅だとわかる読者も多いことでしょう。 では今、その廃線跡はどうなっているでしょうか。ほとんど…

2020/2/6

リニア・鉄道館で館長による栄中日文化センター1DAYセミナー

栄中日文化センターでは鉄道講座をいくつか開設していますが、登録料不要の1DAYセミナーが来たる2月22日(土)に開催されることになりました。 栄中日文…

2020/1/23

エヴァンゲリオンが名鉄線を駆け抜ける!

1月14日から名鉄の空港特急“ミュースカイ”一編成が、エヴァンゲリオン特別仕様となりました。上の写真が同編成です。ラッピングにより、みごとに変わりましたよ…

2020/1/16

どうして蒸気機関車は「SL」なのか?:鉄道“超”基礎知識(22)

■どうして蒸気機関車は[SL]なのか 蒸気機関車について、よく[SL]と書かれています。JR東日本が磐越西線で走らせているC57形牽引の列車名は“SLばん…

2020/1/9

「ムーンライトながら」はどうなる…車両は?運転日数は?

東海道本線を深夜に走る快速「ムーンライトながら」は、今冬も下り列車が12月20日から同30日まで東京〜大垣間を走っています。 上り同列車は12月21日から同31日…

2019/12/27

続・伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く 廃線跡探訪(9)

前回に続いて、「伊吹せんろみち」について記します。 前回記事:「伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く廃線跡探訪(9)」 「大阪セメント」と「伊吹町」の境界…

2019/12/19

伊吹山の麓「伊吹せんろみち」を歩く 廃線跡探訪(9)

前回記事「近鉄名古屋線拡幅まえの痕跡廃線跡探訪(8)」 滋賀県と岐阜県の県境にそびえ立つ伊吹山は、石灰岩でできた山で、滋賀県側の麓には大阪セメント伊吹工…

2019/12/12

近鉄「足湯列車」が走りはじめる。来年3月まで

近鉄と菰野町は、今冬も「足湯列車」の運行をはじめました。湯の山温泉開湯1300年を記念して昨冬運転した同列車が好評だったためとのことです。 運行区間は近…

2019/12/5

プロフィール

19

達人に質問をする

(有)鉄道フォーラム 代表取締役

1958年愛知県犬山市生まれ。大学卒業後に10年のサラリーマン生活を経て、当時話題だったパソコン通信NIFTY-Serveで鉄道フォーラムの運営をするために脱サラ。1998年に(有)鉄道フォーラムを設立。2007年にニフティ(株)がフォーラムサービスから撤退した際に、独自サーバを立ち上げて鉄道フォーラムのサービスを継続中。

一方、鉄道写真の撮影や執筆なども行い、「日本の“珍々”踏切」(2005.2 東邦出版刊)、「鉄道名所の事典」(2012.12 東京堂出版刊)、「トワイライトエクスプレス」食堂車ダイナープレヤデスの輝き−栄光の軌跡と最終列車の記録−(2015.9 創元社刊)など著書多数。

当「達人に訊け!」をまとめた書「東海鉄人散歩」(2018.7)が、中日新聞社から刊行された。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(17:00発表)
名古屋
晴れ
15 ℃/2 ℃
東京
晴れ
15 ℃/4 ℃
大阪
晴れ
13 ℃/4 ℃
  • 現在、渋滞情報はありません。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集