ギシルコーヒー 2013/9/30

ギシルコーヒー

前回はコーヒー発見伝説のお話をいたしましたが、どちらの話も始まりはコーヒーの赤い実(果肉)をそのまま食べて、効用を発見したところは共通していますね。

しかし、私たちが日ごろ飲んでいるコーヒーは、実ではなく種(豆)を焙煎、抽出してエキスにしたものなのです。

コーヒーの実(コーヒーチェリー)

アカネ科の常緑樹のコーヒーは、白い花が咲き緑の実をつけます。その後熟し、6〜8ヶ月位すると赤いチェリーのような実になります。

もともとフルーツの部類に入りますので、その赤い実は、食べるとほんのり甘く、軽い酸味があり、とてもおいしいです。

しかし、赤い実は摘むと2〜3日でカビが生え腐ってしまいます。そこで、摘み取って1週間から2週間ほど天日乾燥して、ドライフルーツとして保存して、それを必要に応じて食べていたのです。

その後、乾燥した実を軽く火を通し、煮出して(サルタナコーヒー、ギシルコーヒー)飲むようになったといわれています。

そうです!コーヒーは火と出会い「飲み物」として劇的に変化したのです。その後、コーヒーの実を果肉(皮穀)と種(豆)に分けて楽しむようになりました。果肉を使ったコーヒーは「ギシル」と呼び、種(豆)を使ったコーヒーは、「ブン」と呼んで、それぞれを必要に応じて飲み分けていたようです。

しかし、時代の流れの中で世界の人々は、あの馥郁たる香りと苦味のブンコーヒーを選んだのです。

残念ながら、漢方薬効果のあるギシルコーヒーは世界に広まることもなく、今では、イエメンやエチオピア・ハラール地方の一部でしか飲まれていません。

ギシル(コーヒーの皮穀)

〇「ギシルコーヒー」とは?
コーヒーの赤い実の果肉を乾燥させた「皮殻」を使って作るコーヒーです。イエメン人は何故か今でもこの「ギシルコーヒー」を好んで飲んでいます。コーヒーのルーツとも言われ、その昔、サルタン(権力者、王様)だけに飲む事が許された大変貴重なコーヒーです。

その味は私たちが日ごろ飲んでいる芳ばしい香りと苦味が特徴のコーヒーとはまったく違い、透明感のあるライトな味わいで、どちらかというと「フレーバー・ティー」か、漢方薬の「葛根湯」によく似ています。とても血行促進に良い健康飲料で飲むと体が温かくなってきます。

シナモン
ジンジャーの粉末
クローブ
カルダモン
鍋で煮だす

《イエメン・ギシル珈琲の作り方》・・2人分(水約400CC)

@ ギシル(皮穀)・・5グラム前後
A カルダモン・・約2個(中の種に香りがあるので殻を破いて入れる)
B シンナモン・・少々
C クローブ・・約3個
D 粉末ジンジャー・・少々

@〜Dを鍋に入れ沸騰するまで煮出す(紅茶や緑茶とは違い沸騰させても渋は出ません)。沸騰したら火を切り、少し冷めたら再度煮出す・・を繰り返すこと10分・・・、ギシルが沈んで琥珀色になったら味を確かめ、砂糖を入れ好みの味に調整し茶漉しで漉してカップ等に注いで出来上がり。

砂糖無しでもお飲みになれますが、砂糖を入れると味のバランスが良くより美味しいように思います。実際イエメンで飲まれているギシル珈琲はとても甘いです。注いだ後のギシルは2〜3度エキスが出ますので、水と砂糖と粉末ジンジャーを再度加えお楽しみ下さい。

・・・私は、数年前、日本へのギシルコーヒー輸入に初めて成功しました。ご興味ある方は当店ホームページをご覧ください。

PR情報

記事一覧

日本コーヒー文化学会

いつもありがとうございます。 コロナ不況で世の中が大変なことになっています。特に飲食店は、緊急事態宣言による休業要請と自宅待機で一番被害を被っている…

2020/5/23

コロナウィルスとスローライフ

いつもありがとうございます。 先日、金奈怜さんから高品質のマスクが100枚届きました。 韓国も大変な時にも関わらず、こちらの心配までしていただき、そのお…

2020/4/17

日本の珈琲文化と韓国の珈琲事情・・金奈怜珈琲講座

いつもありがとうございます。 コロナウィルスが世界中に伝染して大変な事態になっています。私達飲食店はお客さんの熱を測ったり渡航履歴を訊いたりできませ…

2020/3/17

「KISSATEN」の歴史

いつもありがとうございます。 今回は日本の喫茶店文化の変遷をお話しいたします。 世界には砂糖や香辛料など様々な嗜好品がありますが、世界3大趣向品という…

2020/2/18

コーヒー栽培が世界に広まる

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 前回までは、アラブ世界からヨーロッパに伝わったカフェのお話をいたしましたが、今回…

2020/1/16

ヨーロッパに伝わったコーヒーとカフェのお話 Part.2

いつもありがとうございます。 前回、「日本のコーヒーは世界をリードしていて、私達日本人は世界で一番美味しいコーヒーを飲んでいる」と書いたら、多くの珈…

2019/12/17

ヨーロッパに伝わったコーヒーとカフェのお話 Part.1

いつもありがとうございます。 1554年トルコのイスタンプールに世界で初めて出来たカフェ、「カフェ・カーネス(コーヒーの家)」その後、イスラ−ムからキリ…

2019/11/19

珈琲や!って何だ!?

9月30日、珈琲美美(博多)にて14:00〜16:00より日本コーヒー文化学会九州北支部主催の珈琲セミナーが大坊勝次さんと奥様の恵子さんをお迎えして行われま…

2019/10/18

夏の終わりの珈琲小旅行

いつもありがとうございます。暑い夏も終わりだんだんと秋の様相になって参りました。 最近、日本と韓国との関係が悪化したとのニュースがよく報道されていま…

2019/9/19

アイスコーヒーのバリエーション

いつもありがとうございます。 今年は梅雨が長く鬱陶しい日が続きました。空気中に湿気が多いと珈琲の焙煎も大変ですっきりしない日が多かったように思います…

2019/8/7

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

  • 会員登録
  • ログイン

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集