おもてなし・・・ 2013/11/2

メーサーシュミットと待夢珈琲店

いつもご覧いただき感謝申し上げます。さて、今回は、新店舗開店の続きを少し紹介させていただきます。また、読者の方から質問がきていますので、その回答も紹介させていただきます。

アンティークな店内

〜〜〜〜〜
オープンして、多くのお客様にご来店いただき、日々感謝の気持ちでいっぱいです。若い方々にも、古き良き物の良さを知っていただきたいと思い、イミテーションではなく本物のアンティークと私が十数回イエメンやエチオピア、アフリカ諸国などで買いためてきたコーヒー関連の器具などを飾って小さな珈琲屋を創りました。

当店は、たかだか36年の歴史しかございませんが、来年には還暦を迎えようとしている珈琲屋のオヤジの年輪と歴史と気構えを、アンティークな店舗にオーバーラップさせました。

今日、珈琲店・喫茶店に「ロマン」がなくなったと言われて久しいですが、歴史の重み、温かさ、心地よさを知っていただくようなロマンあふれる店にしたいと思っています。

自家焙煎を初めて30年になりますが、焙煎をするにあたって、一番影響を受けた方がいます。
関西の珈琲人で、襟立博保氏です。

もう30年以上前にお亡くなりになられましたが、珈琲屋にとっては伝説の方です。そのお弟子さんが、東京の桜井美佐子さん(東京・“ダフニ”)と畠山(乗金)芳子さん(岡山県倉敷市“倉敷珈琲館”で現在は経営者が違う)でした。

私は、少しでも襟立さんの事が知りたく、お弟子さんの倉敷珈琲館に毎年出かけました、というより押しかけました。

当時、乗金さんはご夫婦で店を守っていまして、素晴らしい味と店とおもてなしをしておりました。忙しい間を縫って多くのお話をしていただきました。

とある年に一冊の「珈琲館」というタイトルのミニ本を頂きました。それは素晴らしい内容で、珈琲の、また、珈琲店の神髄がたくさん書かれており、まさに私が求めていた襟立流の珈琲道、珈琲哲学が満載でした。

書・川口茜連さん

私はその中から三つの言葉を拝借して、当店の理念といいますか「珈琲訓」とし、三重県津市の書家・川口茜連さんにお書き頂き、店の入り口に飾り、日々心に刻んでいます。

縁尋機妙・・「よい縁がさらによい縁を尋ねていく仕方が実に機妙である。すべては縁によって繋がっている。」

一期一会・・「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くす。」

余情残心・・「茶事が終わってお客さんを見送った後で、その残りの湯で亭主が自分でお茶をたてて飲み、あそこをもう少し工夫すればよかったなとか、もっとよい「おもてなし」をすることができたのではという風に考えること。」

まだまだ修業が足らず、このような気持でお客様を「おもてなし」することは出来ていませんが、常に心に留めておきたい言葉としております。

今回の店を創るにあたっては、木工職人、ライン引きの職人、画家、カリグラフィー作家などなど、今まで長くお付き合いいただいた珈琲好きな多くの方々に参加していただきました。完成までに一年半もかかりましたが、皆さんと共に創ったという実感でいっぱいです。

皆様から頂いた「感謝」の気持ちを何とか「おもてなし」の気持ちとして、珈琲でお返し出来るように日々精進してまいりますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。
〜〜〜〜〜

さて、読者の「アクアマリン」さんから質問がきていますが、今回の質問の答えはとても困難です。

【質問】
「今井さんにとってインスタントコーヒーは邪道だとはおもいますが、インスタントコーヒーはどこで発明されたのでしょうか?そしてどのように作られるのですか?また、たまにインスタントのほうが美味しいという人がいますが、どんな成分がそうさせているのでしょうか?よろしくお願いいたします。」

【回答】
インスタントコーヒーに関しては2回目の「三つのコーヒー」で書いてありますのでご参照いただきたいと思います。

私自身はインスタント(ソリュブル)も缶コーヒーも邪道だとは思っていません。コーヒーは嗜好品ですし、味覚には個人差があります。しかも、レギュラーコーヒー、インスタント(ソリュブル)コーヒーになると、お店の数、その日に出会った味などを考えると、星の数くらいのコーヒーの種類になります。

それぞれを比べて、美味しい、まずいということはサハラ砂漠でコインを拾うことくらい難しいですし、無意味のように思います。要は、美味しいと評判の自家焙煎の店で多くの良いコーヒーを飲み、自身の味覚を磨き、自分で良い悪いを判断できる鋭い感覚を身に付けることが肝心だと思います。

問題が大きすぎて、珈琲屋に都合の良い回答になってしまいますが、どうぞご理解くださいませ。

PR情報

記事一覧

「KISSATEN」の歴史

いつもありがとうございます。 今回は日本の喫茶店文化の変遷をお話しいたします。 世界には砂糖や香辛料など様々な嗜好品がありますが、世界3大趣向品という…

2020/2/18

コーヒー栽培が世界に広まる

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願い申し上げます。 前回までは、アラブ世界からヨーロッパに伝わったカフェのお話をいたしましたが、今回…

2020/1/16

ヨーロッパに伝わったコーヒーとカフェのお話 Part.2

いつもありがとうございます。 前回、「日本のコーヒーは世界をリードしていて、私達日本人は世界で一番美味しいコーヒーを飲んでいる」と書いたら、多くの珈…

2019/12/17

ヨーロッパに伝わったコーヒーとカフェのお話 Part.1

いつもありがとうございます。 1554年トルコのイスタンプールに世界で初めて出来たカフェ、「カフェ・カーネス(コーヒーの家)」その後、イスラ−ムからキリ…

2019/11/19

珈琲や!って何だ!?

9月30日、珈琲美美(博多)にて14:00〜16:00より日本コーヒー文化学会九州北支部主催の珈琲セミナーが大坊勝次さんと奥様の恵子さんをお迎えして行われま…

2019/10/18

夏の終わりの珈琲小旅行

いつもありがとうございます。暑い夏も終わりだんだんと秋の様相になって参りました。 最近、日本と韓国との関係が悪化したとのニュースがよく報道されていま…

2019/9/19

アイスコーヒーのバリエーション

いつもありがとうございます。 今年は梅雨が長く鬱陶しい日が続きました。空気中に湿気が多いと珈琲の焙煎も大変ですっきりしない日が多かったように思います…

2019/8/7

カフェ・ハウスとコーヒー・ハウス

いつもありがとうございます。 5月から7月にかけて、いろいろな国のCOE(カップ・オブ・エキセレンス)のカッピングとオークションが行われています。 …

2019/7/19

うれしい贈り物

いつもありがとうございます。 週休2日制にした働き方改革を実行してから一か月が過ぎました。なかなかなじめず、また、一週間のリズムがつかめなくて、前より…

2019/6/17

「新しい時代」の到来

いつもありがとうございます。いよいよ新しい時代「令和元年」が始まりましたね。 当店も42年の歴史の中で、時代の波を反映し「全面禁煙」「働き方改革」など…

2019/5/21

プロフィール

19

達人に質問をする

日本コーヒー文化学会 理事、日本スペシャルティーコーヒー協会会員(SCAJ)、SCAJ公認 コーヒーマイスター(NO.169)、前・金沢大学講師 (文部科学省公認)

1977年岐阜県瑞浪市に「待夢珈琲店」開店、コーヒーの歴史書や専門書を読みあさり、独学で焙煎を覚え、自家焙煎の珈琲専門店をスタートさせる。

その後、世界のコーヒー産地を自らの足で回り、納得のいく優良な豆を買い付け、良質で新鮮な体に良いコーヒーを提供しています。

また、現在、中日文化センターの珈琲教室をはじめ、基礎クラスから専門クラスまで12講座をこなしています。

産地歴訪はエチオピア3回、イエメン4回、ブラジル、インドネシア、ケニア、タンザニア、ペルーなど。

関連リンク

ピックアップ

  • 中日ボイス『新型肺炎感染拡大で、何をあきらめた?』
  • 会員登録
  • ログイン
今日の天気(05:00発表)
名古屋
晴れ後曇り
15 ℃/--
東京
晴れ後曇り
13 ℃/--
大阪
晴れ
15 ℃/--
  • 東名, 名神, 名二環, 名古屋高速で渋滞情報あり。
  • 登録路線が未設定です。

企画特集(PR)

  • 公式 Twitter はこちら
  • 公式 Facebook はこちら
クラウドファンディング 夢チューブ 中日新聞
東京新聞 電子版
中日新聞の人材研修 ビジネストレーニング「ビズトレ」
中日販売サポート
東海テレビ 庄野アナと 新聞を音読してみよう!
中日防災ナビ
こどもウイークリーのこーなー
過去の企画・特集